赤ちゃん連れて家事するなら『おんぶ紐専用』が使いやすい。バディバディを使ってみた感想

どうも、育児と家事担当のちゅんすけです。

日中は、家事と生後9カ月の息子の相手をしつつ仕事をしています。

ただ、息子の相手と家事をしていると、あっという間に1日が終わってしまいます。

ちゅんすけ
もっと自分の時間が欲しい!

家事をしながら息子の世話をするためにおんぶに特化した『おんぶ紐』を買いました。

前向き抱っこは家事がしにくい

うちにはエルゴの抱っこ『オムニ360』があるのですが、対面抱きでは家事が制限されます。

  • 食器洗いは無理
  • 掃除は腰への負担が大きすぎる
  • 洗濯機から洗濯物が取り出しづらい

前向き抱っこだとほとんどの家事に影響がでますね。

エルゴでおんぶすると違和感がある

おんぶ紐を欲しくなった一番の理由は、僕にはエルゴでのおんぶがしっくりこなかったからです。

いろんなところを調節するんですが、息子をベストポジションにセットできないんです。

ちゅんすけ
そのうえ、肩も腰も痛くなるから、長時間使用はきついっす。

おんぶ紐単体はお手頃価格なので、2本目おんぶ紐の候補におすすめです。

嫁はエルゴでおんぶしても違和感がないそうです。体系の問題かな?

おんぶ紐は着け心地がいい

おんぶに特化しているだけあって、おんぶ紐でおんぶすると違和感がないですね。

赤ちゃんの顔が自分の肩くらいまで上がるので、居心地がよさそうです。

エルゴで僕がおんぶすると、背中の真ん中くらいに息子の顔が来てしまいました。

おんぶ紐の場合は、僕がおんぶしても嫁がおんぶしても変わらず、息子の顔は肩くらいまで上げることができました。

じいちゃんばあちゃんも安心して使える

去年の冬に、嫁の実家に行ったときの話です。

義父が「息子をおんぶしたい」といったのですが、エルゴではおんぶがしづらい模様。

義母が大昔に使っていた「長い帯紐」を取り出し、帯紐でおんぶをさせて「やっぱりコレが一番よ」とご満悦でした。

見ているこっちは落ちないかとひやひやものでしたが。。。

次に嫁の実家に行ったとき、このおんぶ紐専用を持っていくと、義父母は「そうそうこれやこれ」と大満足。

僕と嫁は息子が落ちる心配がなくなり、安心しておんぶをさせることができました。

ちゃちゃこ
じじい、ばばあが使いやすいおんぶ紐だよ!

1人で装着するのは難しい

床に座らせた息子を、1人でおんぶ紐でおんぶしようとしましたが、何度かは成功するものの息子が暴れだしたりすると付けれませんでした。

おんぶ紐だから、簡単に1人でおんぶできると思ったんですが、さすがに期待過剰でした。

ソファなどちょっと高い位置に赤ちゃんを置きおんぶすれば、1人でもうまくつけることができるので、ちょっと高い場所を探せさえすれば、問題は解決します。

赤ちゃんを上の方でおんぶする、コツをお伝えします。

①胸の前のクロス部分をもって下に引く。

②同時に赤ちゃんのお尻を上に持ち上げる。

これで、赤ちゃんを上の方でおんぶすることができます。

『バディバディ』のおんぶ紐に決定

おんぶ紐を買おうと調べていると、『北極しろくま堂』と『ラッキー工業』がおんぶ紐界の2台巨塔ということがわかりました。

どちらにしようか迷ったんですが、しろくま堂は欠品が多かったのでラッキー工業の『バディバディ』というおんぶ紐に決めました。

在庫があるという理由だけでなく、ラッキー工業がよさそうと思ったポイントがいくつかあります。

Check!●80年以上おんぶ紐を作っている老舗
●中国製だけど日本で2回も最終検品
●タレントの釈由美子さんも使っている

いくつかおんぶ紐に種類がありましたが、『メッシュにもなる』『肩パットが広い』という理由で、シンプルモダンなおんぶ紐を僕は買いました。

ちなみに、釈由美子さんは対面抱きもでき、リボンやポケットがついてちょっとおしゃれ度が高い、タータンポケット&リボンのおんぶひもを使用していますねよ。

おんぶ紐はこんな人におすすめ

Check!●エルゴ抱っこ紐ではおんぶがしっくりこない
●家事をしながらおんぶをすることが多い
●おじいちゃん、おばあちゃんに預けることがある
ちゅんすけ
僕はこのおんぶ紐で家事をやってまーす!

【関連記事】
2本目におすすめ!クロス抱っこ紐チャック付き「タックマミー」の口コミ&特徴