嫉妬しちゃうときは『嫉妬の天才山ちゃん』の「天才はあきらめた」を読むべし!

ちゃちゃこ
嫉妬、してますか?

するよねぇ、するする!

 

人間だもの!

 

そんなときは、南海キャンディーズの山ちゃんの「天才はあきらめた」を読んでほしい。

 

山ちゃんは嫉妬の炎を燃やしてここまできた。

はっきりいってめちゃくちゃ嫌な奴だ。

でも、めちゃくちゃいい奴だ。

 

嫉妬についてここまで正直に文章にしてくれている人はいない。

 

自分が嫉妬した時にこの本を読んでいれば

「山ちゃんよりましだ」

「山ちゃんだったらどうするかな」

「山ちゃんみたいに考えればいいんだ」

と思うことができる。

 

自分の嫉妬の気持ちに悩んでいる人は、「天才はあきらめた」を一度読んでみてほしい。

一度読むと、嫉妬する度に思い出せばいいから。

「張りぼての自信」

自称天才じゃない山ちゃんの自信のつけかたはこれ👇

どんな些細なことでも、小さい自信を張り付けていく。それを繰り返していくと、結構立派な張りぼてが作られていった。「張りぼての自信」の完成。この張りぼての自信は、「俺なんて・・・・」というあきらめさせ界のスーパーエースの攻撃も見事に跳ね返し続けて、お笑い芸人の夢に向かわせてくれたのである。

小さい自信をかき集めること。

結構面倒な作業だけど、かき集めたら張りぼてだけで「自信」になる。

それでもいいじゃんね。

「自信貯金」

山ちゃんは「自分って駄目なんだなぁ・・・」と思ったときに、「自信貯金」を切り崩して自信を保つようにしている。

「自信貯金」とはすべての行動を「お笑い芸人になるために」と結び付けて、極端に関係ないことでも「芸のために」と考えられるとそれを自信にしていくこと。

自分の行動をしっかり目的に結び付けて、褒めてあげる。この小さな繰り返しは大きな自信になった。

ブロガーなら「ブログのために」

子育てなら「子どものために」

そうやってちゃんと結び付けてちゃんと自分を褒めてあげる!

いちいち自分を褒める!

自信がなくなったときは、そのことを思い出して自信を取り戻す!

日頃がんばってる自分を思い出す!という方法で自信をなくさないようにしよう!

ね、そうしよう!

焦ることはいいこと

スタートラインって立つのが本当に難しい。いつも立てたと思ったら新しいスタートラインが現れる。そこで躊躇している限り、先に走り出せた人から引き離されていく

わかるわー、わかる!

 

そういう時に、山ちゃんはあえて焦る。

焦りをパワーに変えて、どう行動に移すかをめちゃくちゃ考える。そしてそれを行動に移す。(中略)とはいえ、何をしていいかわからない。僕は明日積極的に行動できるように、自分をたくさん脅迫した。焦りを積極的に動くためのエンジンにするために。

焦っていいいよね、焦ろう!

 

とりあえず、山ちゃんの本、さいこーだから読んで!

ちゃちゃこ
嫉妬は頑張るための炎にかえよう。

 

【関連記事】【レビュー】家入一真「なめらかなお金がめぐる社会。」を読んだらなぜ今自分がここにいるかわかった。

【関連記事】DaiGoの「人を操る禁断の文章術」ブロガー必読書が今なら無料で聞けるよ。