地元のパン好きが教える高知で食べてほしいパン屋厳選5店

高知県の西から東にある22件のパン屋をめぐり、高知の主要なパン屋を制覇したパン好きブロガーちゅんすけです。

旅行先で「地元のおいしいパン屋さんに行きたい」と思ったことないですか?

僕はパンが好きなので、県外に行くときには「道中でおいしいパン屋はないかな」と必ずググって行くんですが、上位表示されるのは食べログやキュレーションサイトばかり。

食べログやキュレーションサイトの情報って、旅行先でわざわざ行くレベルのパン屋って載ってないか、いい店が載ってるとしても4ページ目くらいでなかなかたどりつけないんですよね。

高知へ旅行に来てまで、パン屋さんを探しているあなたには、少しでも多くのパン屋さん知ってもらいたい!

ということで、食べログやキュレーションサイトではほとんど紹介されない、僕のお気に入りのパン屋さん5店舗を紹介します。

僕が求めているパンは

食感が重くない、酸っぱくないハード系パン

サクッと軽く味がちゃんとあるデニッシュ系パン

「そうそう」と感じてくれたあなたには、きっと満足してもらえるパン屋さんがありますよ~。

ハード系パンNO.1 スリール(SOURIRE) 高知市

「どこかおいしいパン屋を教えて」と言われて、思いつくまでに0.5秒もかからないのが『スリール』です。

スリールを初めて行った日は、数時間後にまた買いに行ってしまうほどのおいしさ。

ちゅんすけ
今まで高知でおいしいハード系パンを食べれなかったのでテンションあがったぜ。

仕事終わりに20分くらいかけて買いに行くこともあり、週3で通ってしまうくらいハマってしまいました。

かなり人気がある店で、人気のあるパンはすぐに売り切れてしまい、昼の2時ごろに行くとほとんどパンが残ってないこともあります。

これから紹介するパンで、「あっ、これ食べたい」というパンがあれば、電話で取り置きしてもらうことがおすすめですよ~。

スリールでぜひ食べてもらいたいのは、もちろんハード系パン。

パン好きのあなたなら、バケットの断面を見ればおいしさが伝わるはず!

皮はサクッと、中はしっとりモチモチの食感が絶妙。

それでいて、軽いのでいくつでも食べれちゃうんですよ。

スリールのハード系パンで、特に食べてもらいたいのは『はちみつバターフランス』、通称はちバタ。

スリールの看板パンで、人気NO.1のハード系パン。

ハチミツのキレのある甘さと、バターのコクが相性いいんですよ。

重そうに見えますが、2個くらい余裕で食べれます。

2016年の夏限定商品から定番となった、トマトカレーフランスも絶品。

カレーパンってどこの店も食べても同じで、「また食べたい!」と思えるほど特徴があるものって少ないんですよね。

スリールのカレーパンは、生地がハード系パンで油で揚げていない焼きカレーパン。

もともとのハード系の生地がおいしいので、カレーにも負けていませんよ。

スリールのカレーパンは、いろんな雑誌でカレーパン部門1位を獲得している、東京にあるパン屋さんのカレーパンにかなり近い味なんです。

マヨネーズを入れると、よりその店のカレーパンの味に近づいておいしいですよ。

土日祝限定のカンパーニュも、見つけたらゲットしてほしいパン。

生地がバケットより、もちもち感は強いです。

しかもライ麦を使ってるんですが、酸っぱくないんですよ。

僕が食べたライ麦のパンのほとんどが、酸味が強く中身がつまっていて重かったので、「あぁ、カンパーニュって苦手だわ」ってイメージを持っていました。

カンパーニュはおいしくないっていう概念を、スリールのカンパーニュが打ち砕いてくれたんです。

スリールのカンパーニュも、季節限定の商品なども含めて数種類あるんですが、迷ったときに食べてほしいのは『リンゴとクリームチーズのカンパーニュ』

りんごの甘酸っぱさと、クリームチーズのコクの組み合わせは相性抜群です。

季節限定のパンもあるので、選ぶ楽しさもありますよ。

スリール 場所

住所:高知県高知市十津3-1-19

地図

高知市内から、桂浜へ行くルートにあります。

スリールでパンを買って、桂浜で朝食っていうのもありですよ。

スリール パンの焼き上がり時間

ハード系パンの焼き上がり時間が11時ごろから、カンパーニュが12時過ぎごろに焼きあがることが多いです。

早めに行くと、ハード系が焼きあがってないので注意。

スリール 電話番号

気になったパンはありましたか?

お目当てのパンが見つかれば、取り置き必須ですよ~。

TEL:088-821-9911

スリール 営業時間 定休日

営業時間

9:00~18:00

定休日:火、水曜日

定休日以外にも休みの可能性があるので、お店のFacebookをチェックして見てください。

どんなパンがあるかも、写真付きで更新してくれてもいますよ。

スリールの休みを調べる

デニッシュ系NO.1 ヤマサキヤ 宿毛市

ヤマサキヤは、高知市から西に3時間ほど行った、宿毛市にあるブーランジェリー ヤマサキヤ。

クロワッサンがサクふわで、味もしっかりしてておいしいんですよ。

ちゅんすけ
綿菓子のように儚いクロワッサンだ。

すぐに食べてなくなっちゃうので、5個以上買っておいたほうが安心ですよ。

ミニクロワッサンもあるんですが食感が重いので、僕はクロワッサンのほうがおすすめ

パンオショコラもおいしかったです。

デニッシュ系以外のパンだと、ソフトブールがおすすめ。

中はもっちもち、外はハード系パンのような噛みごたえのある食感がクセになります。

たまにこんがり焼かれ、カリッとした食感になった部分があるのがいいアクセント。

生地はほんのりと甘みがきいていて、満足感があります。

ソフトブールは、あまり他のパン屋で見かけないので、ぜひ買ってみてください。

ブーランジェリー ヤマサキヤ 場所

〒788-0000

住所:高知県宿毛市宿毛988−1

地図

高知県の西の端にあるので、「気になったからちょっと行ってみよう」と、気軽に行けるお店ではありませんが、足摺岬や四万十川方面に行く予定がある人は、ぜひ立ち寄ってもらいたいお店です。

メインの大きい道路沿いにあるので、お店はわかりやすいですよ。

ブーランジェリー ヤマサキヤ 営業時間 定休日

営業時間

9:00~18:30

定休日

月曜日

第1,3,5火曜日

スポンサーリンク

多彩なパン ジュランジェリーアンジェ 香南市野市

行くたびに新しいパンが増え、商品開発に力を入れてるなぁと感心してしまうのが『アンジェ』

町のパン屋さん的な雰囲気で、菓子パンや総菜パンが主力と思いきや、じつはハード系パンのレベルが高いお店なんです。

天然酵母には酒粕を加えた酒種と、イーストを併用することで、しっとりとした生地に仕上げるというこだわりがあるようです。

アンジェのハードパンに対する僕の印象は、「低温熟成系のハードパンで、ぎゅっとした食感で噛み応えのある生地」

僕は、あんバターがお気に入りで、行くと必ず買って帰ります。

高知の好きなパン屋の中では、アンジェが一番パンの種類が多く、入れ替わりも早いので「どんなパンがあるかな?」と、わくわくがあります。

アンジェ 場所

〒781-5232

高知県香南市野市町西野2063-1清藤マンション1F

地図

高知市から東へ40分ほど行ったところにあり、周辺の観光施設には野市動物公園やアクトランドなどがあります。

高知空港からも近い(10分くらい)ので、飛行機に乗る前にも買って帰れますよ。

アンジェ 営業時間 定休日

営業時間

7:00~19:00 祝、祭日は17時まで

定休日:日曜日

チェーン店の枠を超えたおいしさ イワゴー 土佐市

イワゴーは、高知にあるベイクショップグループのチェーン店の1つで、高知で一番お客さんが多いパン屋さん。

駐車場はかなり混雑していて、場内整理のため警備員さんがいるほどの人気ぶりです。

パン屋のチェーン店って、菓子パンや総菜パンメインのお店が多いんですが、土佐市にあるイワゴーは違うんですよ。

その店ごとのオリジナルパンが少しあると思いますが、置いているパンはほとんど同じ。

レシピや素材も同じものを使っているはずですが、イワゴーだけが別格なんですよ。

味の違いを一番感じられたのが『人参とクルミのパン』

僕は、総菜パンや菓子パンのようなガッツリ系のばかり食べていたのですが、イワゴーの人参とクルミのパンで、生地重視のパンに初めて興味を持ちました。

生地がほんのり甘く、クルミのサクッとした食感がたまらないパンです。

この人参とクルミのパンを、他のベイクショップグループの店でも買ったのですが、食感も味もイワゴーのほうがいい!

ちゅんすけ
イワゴーのパンだけ別物だ。

他にもハマっているのが塩パン。

サクッとした外側の食感と、じわっとマーガリンが染み込んだ中の食感がたまりません。

ちぎりパンは、ふわふわした食感がクセになります。

『納豆コーヒーゼリーサンド』という、かなり変わったパンもあって、意外と人気があるんですよ。

名前の通り、食パンにコーヒーゼリーと納豆、生クリームをサンドしたパン。

僕は納豆が嫌いなので食べれませんが、納豆が好きな人はぜひチャレンジしてください。

店頭に置いていない場合、夕方6時までなら店員さんに言えば作ってもらえますよ~

カフェスペースもあって、7時から11時半はモーニングを食べれます。

15種類以上もパンモーニングがあるので、朝ごはんをイワゴーで食べていくのも楽しいんじゃないでしょうか?

パンのモーニングですが、写真を見てもわかるように、みそ汁が付いているのは高知仕様です。

イワゴー 場所

住所:高知県土佐市高岡町甲1973-1

地図

高知市の東隣にある土佐市に、イワゴーはあります。

高知市に泊まっていて、朝から高知県西部に行くときに、朝ごはんを食べるのにちょうどいい場所ですよ。

イワゴー 営業時間 定休日

営業時間

7:00~20:00

定休日:第3水曜日

喫茶店が作る絶品自家製パン アルプ  安芸市

最後に紹介するのはパン屋さんではなく、ちょっと変化球で『アルプ』という喫茶店。

モーニングに自家製パンを出しているんですが、これがほんとにおいしい。

自家製パンのモーニングは、ハード系とソフト系のパンがそれぞれ1つ味わえます。

しかも、パンの内容が行くたびに変わるのもいいんですよ。

僕のお気に入りは、かぼちゃのパン。

おいしいパン屋さんが見つからなかった時には、1時間かけてパンを買いにアルプに行ったこともありました。

パン屋じゃないので、ちょっと割高だったのですが、それでもおいしかったので満足して買っていたんですよ。

喫茶店なので、焼きカレーやパスタなどの軽食系もあるし、ケーキやタルトなどデザート系もあっていろんなものが食べれます。

イベントにアルプが出店することがあるんですが、すぐに売り切れてしまうほどの人気があるんですよ。

ちゅんすけ
タルトは甘すぎず、めっちゃおいしいよ。

アルプ 場所

〒784-0022

住所:高知県安芸市庄之芝町1-52

ほか弁などが入ったビルの2Fです。

地図

駐車場は、道路を挟んだ向かい側です。

高知市から、車で東に50分ほどの距離。

室戸市方面に行くとき、ちょっと早めに出てモーニングを食べていくのもありですよ。

アルプ 営業時間 定休日

営業時間

8:00~17:00

定休日

月、火曜日