ドクターベッタは合う合わないが激しい哺乳瓶。起きて飲ませられる点は気に入っています。

どうも、もうすぐ生後7か月息子を育てているちゃちゃこです。

生後5ヵ月ごろから完全ミルク育児になり、ずっと気になっていたベッタの哺乳瓶を買ってみました!

ちゃちゃこ
やっと購入できてうれしい!

では、ドクターベッタ哺乳瓶について、率直にレビューしてみます!

スポンサーリンク

良かった点

①カーブがあるので飲ませやすい

ドクターベッタの哺乳瓶は独特のカーブがあります。

赤ちゃんのゲップや吐き戻し対策として、このカーブはあるのですが、息子は生後5ヵ月くらいから使用しているため、あまり実感することはありませんでした。

しかし!夜中など、自分が寝ている状態であげるのにこのカーブはちょうどいいですね。

お座りしている状態でも飲ませやすいので、この点は他の哺乳瓶にはない特徴です。

②瓶・乳首ともに種類が豊富

ドクターベッタの哺乳瓶はプラスチックタイプのものが3種類あり、瓶タイプのものと合わせると4種類あります。

乳首は最初からついているタイプは2種類、付け替えれるタイプが2種類の合計4種類あります。

使う月齢や赤ちゃんとお母さんの好みによって選べるところがドクターベッタの大きな特徴です。

そして、とてもおしゃれです。他にはないデザイン性があるのでこだわりのあるお母さんにもぴったりです。

種類が多すぎて選べなかったので、旦那が自分で勉強しながらわかりやすく記事にしました。

関連記事:2児の父が「ドクターベッタの哺乳瓶」の種類をわかりやすく解説します。

悪かった点

①瓶が洗いにくい

独特のカーブのため、まっすぐのブラシでは洗いにくいです。洗いにくいですが、洗えないわけではありません。

ドクターベッタ専用のブラシがあるので、どうしても洗いにくいという人は購入することをおすすめします。

哺乳瓶を買うと、ハートピンというピンもついてくるので、空気穴や瓶の溝などはこのハートピンで洗っています。このハートピンは、他の哺乳瓶を洗う時にも使えるので、かなりおすすめです!

②うちの息子はブレイン乳首が合わなかった

息子には混合育児をしようと思っていたので(現在は完全ミルク)、本当の乳首に似たブレイン乳首のドクターベッタ哺乳瓶を購入しました。

しかーし!なんだかとても飲みにくそうで、乳首がぺっちゃんこになったり、逆に口からこぼれてくることがありました。

ちょうど、ピジョンKタイプの乳首があったので、付け替えてみるとちょうどよかったです。

乳首のタイプによっては赤ちゃんに合わないこともあるので、注意が必要です。

③目盛りがみにくい

ご覧の通り!100がなくて120があるんですよ。。

80とか100を入れたいときに不便です。。

なぜ、120にしたんだろうか。。

ドクターベッタは合う人には合う、合わない人には合わない哺乳瓶

ドクターベッタ哺乳瓶は、他の哺乳瓶のように、誰にでも合う哺乳瓶ではありません。

口コミをみてみたら、ドクターベッタが一番の飲みやすい赤ちゃんもいれば、合わずに飲んでくれなかった赤ちゃんもいます。

デザインは可愛いですし、寝たままでも起きたままでも飲ませやすいので、いろんな姿勢で飲ませたいひとにはかなりおすすめです。

関連記事:2児の父が「ドクターベッタの哺乳瓶」の種類をわかりやすく解説します。

我が家は主に母乳実感を使っています。

関連記事:「母乳実感」哺乳瓶が断トツ使いやすい!ピジョンKタイプと比べてみての感想