エルゴ新作「オムニ360」がほかのエルゴとどこが違うのか解説します。

どうも、4歳娘と2ヵ月息子の母、ちゃちゃこです。

赤ちゃんが生まれるとなったら、買うべきものとして考えるのが「抱っこ紐」ですよね。

どこのメーカーがいいのかちょっと調べてみれば、一番にでてくるのは「エルゴ」です。

そして、街を歩いて抱っこ紐をしている人をみれば、エルゴ率がめちゃくちゃ高いです。

「なぜみんなそんなにエルゴが好きなのか?」と思いますよね。

エルゴは「腰や肩への負担が少なく、長時間抱っこする」には【最強の抱っこ紐】です。

使用してみればわかりますが、ほかの抱っこ紐よりも、本当に楽ちんなんですよ。抱っこ紐の革命児といえるくらい、父母の負担を軽減してくれました。

それだけ支持されている「エルゴ」ですが、エルゴにもたくさんの種類があるのを知っていますか?

私は、娘が生まれた約5年前に「エルゴ」を買ったのですが、柄はたくさんあっても、種類は1種類しかないと思っていました。

しかし、今いざ調べてみると、種類は現在4種類あり、さらに2017年11月上旬に新たな「OMNI(オムニ)360」が発売されました。

エルゴオムニの色については新発売したエルゴ「OMNI(オムニ)360」の種類を紹介します。に書いたので、そちらをどうぞ。

「自分にはどのタイプのエルゴが合っているのか?」ということを知ってから、エルゴを買うことをおすすめします。

まずは、どんな種類があるのか調べてみました。

追記:気になったので買っちゃいました。レビュー記事はこちらです↓↓価格についても細かく書きました↓↓

【口コミ】エルゴ『オムニ360』新作抱っこ紐を生後3ヵ月の息子に使用してみたよ!

2017.11.21

 

①定番のエルゴベビー「オリジナル」と「オーガニック」の特徴

まずは、定番商品の「オリジナル」と「オーガニック」。素材は違いますが機能は同じです。

肌が弱い赤ちゃんや、素材・さわり心地を重視するなら「オーガニック」がおすすめですね。

我が家は「オーガニック」の茶色を買いました。柔らかい布で気に入っています。

「オリジナル」と「オーガニック」は、首が座った4ヵ月(首が完全にすわり体重5.5kg以上、両膝がベビーキャリアから出る)~20kgの子供まで使用することができます。

エルゴベビー・インファントインサートを使用すれば、新生児から使用ができます。

これですね。我が家も買いました。けど、めちゃくちゃ使いづらい!!

娘が新生児の時に使おうと思いましたが、足を広げるのが無理だったのでほとんど使いませんでした。

この「オリジナル」と「オーガニック」は「対面抱き、おんぶ、腰抱き」 の3つの抱き方ができます。

我が家は「対面抱き」と「おんぶ」でよく使いました。

これがエルゴの定番商品です。

オリジナル・オーガニックの特徴

・新生児を抱っこするにはインサートが必要
・体重5.5kg~20kgまで使用可能
・対面抱き・おんぶ・腰抱きができる
・価格が下がっている

 

②通気性のいいエルゴベビー「パフォーマンス・ヴェントス」の特徴

「パフォーマンス・ヴェントス」は、生地に耐久性のある柔らかな3Dメッシュを採用しており、通気性を重視する人におすすめです。

夏場に抱っこするなら涼しくてこれがいいですね。

汗をかいたりよだれで汚れても、すぐに気軽に洗濯出来る点もいいです。

機能としては「オリジナル」と同じで、首が座った4ヵ月(首が完全にすわり体重5.5kg以上、両膝がベビーキャリアから出る)~20kgの子供まで使用することができ、新生児を抱っこするにはインサートが必要です。

「対面抱き、おんぶ、腰抱き」 の3つの抱き方ができるのも「オリジナル」と同じです。

「オリジナル」のエルゴよりかは少し軽くてコンパクトなのも、ひとつの特徴です。

汗っかきのお父さんが抱っこするには、「パフォーマンス・ヴェントス」が涼しくていいですね。

パフォーマンス・ヴェントスの特徴

・とにかく通気性がいい
・新生児を抱っこするにはインサートが必要
・体重5.5kg~20kgまで使用可能
・対面抱き・おんぶ・腰抱きができる
・価格が下がっている

③前向き抱っこもできるエルゴベビー「360」の特徴

2014年5月に発売が開始された「エルゴベビー360」

これはなんと「前向き抱っこ」ができます!!これは私的にはとても嬉しい機能です。

使用できる期間は、4ヵ月(首が完全にすわり脚が開くようになってから 体重5.5kg以上、両膝がベビーキャリアから出る)~15kg」となっていて、今までの「オリジナル」などと比べると、抱っこできる重量が5㎏減っていますね。(今までは20kgまで使用できました)

さらに詳しく体重についていて調べると、前向き抱っこ「体重が10kgまで」対面だっこ「体重が12.2kgまで」おんぶ「体重が15.0kgまで」となっています。

新生児が使用するには、今までと同じくインサートが必要です。

ウエストベルトは今までと違って、着脱テープになっています。(今まではバックル式でした)

この360の特徴はなんといっても「対面抱き、おんぶ、腰抱き」 の3つの抱き方に加え「前向き抱っこ」ができる点ですね。

前抱きだっこができる条件としては「5ヶ月以上」「体重6.4kg以上」「両膝がベビーキャリアを出る」ということになっています。

エルゴ360の前抱っこができる期間は生後5ヶ月から生後12ヶ月。ただし体重10kgまでとなっています。

長い期間ずっと前抱き抱っこができるというわけではないですね。

しかし、赤ちゃんの視界が広がって、いろんなものを見れるので、機嫌よくいてくれる時間が増えそうで、私はとても気になる商品です。

口コミでも、「赤ちゃんが飽きない」という意見や、「着脱テープを外すベリベリという音で赤ちゃんが起きるので寝かしつけには向いていない」という賛否両論ある商品です。

赤ちゃんとお出かけすることが多く、いろんなものを見せてあげたいという方におすすめの「360」ですね。

360の特徴

・対面抱き・おんぶ・腰抱き・前向き抱っこができる
・ウエストベルトが着脱テープになっている
・新生児を抱っこするにはインサートが必要
・体重5.5kg~15kgまで使用可能枠
・価格が下がっている

④新生児でもインサートがいらないエルゴベビー「アダプト」特徴

あの面倒でしっくりこないインサートなしで使える抱っこ紐がついに出ました!!頑張ったね、エルゴ!!

2016年4月から発売されているようです。知らなかった~。

「アダプト」は、赤ちゃんの月例によって、足を開く幅を調節できます。これは重要ですね。娘は足が開かなかったので、小さいうちはエルゴが使えませんでした。

「フロントストラップ」という機能で、赤ちゃんのお尻を支え方を変えたり、「ヘッドネックサポート」という首元の支え方も月例やシーンによって変えられるので、新生児でも赤ちゃんに負担なく抱っこすることができます。

インサートを使わずに、新生児3.2kg~4才ごろの20kgまで使用できるエルゴ。最強ですね。

もうひとつの特徴は「クロス装着が可能」ということです。小柄なかたや、抱っこのフィット感を高めたい人におすすめの機能です。

2017年6月には「アダプトクールエア」というメッシュタイプも発売されました。メッシュタイプがほしいかたはアダプトで十分だと思います!

新生児から20kgまでエルゴで抱っこしたいという人には「アダプト」が一番のおすすめです。

アダプトの特徴

・新生児を抱っこするときにインサートが必要ない
・体重3.2kg~20kgまで使用可能
・対面抱き・おんぶ・腰抱きができる
・メッシュ素材がある
・クロス装着ができる

以上4種類が、今まで発売されていたエルゴベビーシリーズでした。

【新発売】新生児から使用できて前向き抱っこもできるOMNI(オムニ) 360

そして、2017年11月に発売されたのが、「アダプト」と「360」の機能をひとつにした「OMNI(オムニ) 360」です。

 

つまり、インサートなしで新生児から抱っこできる上に、前向き抱っこもできます!!これはすごい!!

アダプトとの違いは体重15kgまで使用可能だという点ですね。(アダプトは20kgまで可能)

私は基本的に車移動なので、娘が大きくなってからはエルゴを使用することはなかったので15kgまでで十分でした。歩いての移動が多い方には、アダプトのほうがいいかもしれません。

私が今買うなら前向き抱っこがしたいので、これですね。これは最強の抱っこ紐ではないかとワクワクしています。

OMNI(オムニ) 360の特徴

・新生児を抱っこするときにインサートが必要ない。
・体重3.2kg~15kgまで使用可能
・対面抱き・おんぶ・腰抱き・前向き抱っこができる
・クロス装着ができる

エルゴオムニの色については新発売したエルゴ「OMNI(オムニ)360」の種類を紹介します。に書いたので、そちらをどうぞ。

こんな人にはこれがおすすめ

・首が座ってから使用・前向き抱っこはしなくていい・安く手に入れたい→エルゴベビーオリジナル

・首が座ってから使用・前向き抱っこはしなくていい・安く手に入れたい・オーガニック素材がいい→エルゴベビーオーガニック

・首が座ってから使用・前向き抱っこはしなくていい・安く手に入れたい・通気性が大事→エルゴベビーパフォーマンス・ヴェントス

・首が座ってから使用・前向き抱っこをしたい・安く手に入れたい→エルゴベビー360

・新生児期から使用・前向き抱っこはしなくていい・メッシュ素材のものがいい・首サポートがほしい→エルゴベビーアダプト

・新生児期から使用・前向き抱っこをしたい・首サポートがほしい→エルゴベビーオムニ360

お得情報① エルゴオリジナルは値下がりしています。

公式サイトダッドウェイには1万円ほどのエルゴが送料無料で売っているので、ぜひチェックしてみてください。

お得情報② 楽天ユーザーはポイントが高い楽天で買うのがお得!

エルゴは高額なので楽天ユーザーの人はポイントが高い楽天で買うのがお得ですね。

楽天カードがあると、ポイントがさらに3倍になります。

現在開催している、楽天大感謝祭の12月16日20時~12月21日1:59までだと、買い回りすれば最大36倍のポインがつくのでめちゃくちゃお得です!

エルゴオリジナルはこちら↓↓

 

エルゴアダプトはこちら↓↓

 

エルゴアダプトクールエアはこちら↓↓

 

エルゴオムニ360はこちら↓↓

 

まとめ

5年前に第1子を出産したときは1種類しかなかったエルゴが、新生児も抱っこしやすくて、前抱きもできるというところまで進化していたことに驚きました。

新生児の抱っこ紐にはベビービョルンが最強だと思っていたので、小さいうちはベビービョルン・大きくなったらエルゴと2つ必要でした。

しかし、「エルゴアダプト」か「エルゴオムニ360」ならエルゴをひとつ買うだけで、新生児期から3才ごろまで使用できますね。

2人目出産を考えている人は「エルゴアダプト」か「エルゴオムニ360」の2択じゃないでしょうか。

エルゴにもそれぞれに特徴があるので、自分に合ったものとお気に入りの色をみつけて、エルゴがクタクタになるまで長いお付き合いをしてくださいね。

追記:気になったので買っちゃいました。レビュー記事はこちらです↓↓価格についても細かく書きました。ぜひ読んでみてください。

【口コミ】エルゴ『オムニ360』新作抱っこ紐を生後3ヵ月の息子に使用してみたよ!

2017.11.21

スポンサーリンク

【口コミ】エルゴ『オムニ360』新作抱っこ紐を生後3ヵ月の息子に使用してみたよ!

2017.11.21

コスパ最強の抱っこ紐おすすめ!「ベビービョルンとエルゴオリジナル」2本の組み合わせだ!

2017.11.16

新発売したエルゴ「OMNIオムニ360」の種類を紹介します。

2017.11.10

エルゴ「OMNIオムニ360」の抱っこ紐を簡単に装着するための7つのポイント

2017.11.24

ピジョンのベビーカー・シングルタイヤが「とにかく押しやすい」のでおすすめ

2017.09.04

冬の赤ちゃんとのお風呂寒さ対策!大人にはバスローブが秀逸!

2017.10.23