授乳ってめっちゃ痛いっす。おっぱいトラブル解決策&私の体験談

2児の母ちゃちゃこです。

1人目は完母(すべて母乳)、2人目は4ヵ月から完ミ(全てミルク)にしました。

母乳はお金がかからずすぐにあげれるのでよかったのですが、痛い思い出もいっぱいあります!

というわけで、おっぱいトラブルの体験談&解決策を書いていきますね!

今、痛いお母さん、がんばれ(泣)

産後の悩み「おっぱいトラブル」

病院での授乳のはじめかた

赤ちゃんが生まれてすぐに、助産師さんが「赤ちゃんにおっぱいを吸わせてあげてくださいね」と言ってきます。

一人目出産時は、

ちゃちゃこ
へ?まだおっぱいでてないし。赤ちゃんも吸う気ないよ。
と思っていましたが、ことあるごとに助産師さんが「おっぱいはでましたか?赤ちゃんは吸えていますか?」と聞いてきます。

そこではじめて

ちゃちゃこ
あぁ、赤ちゃんに本気でおっぱいをあげなきゃいけないんだなぁ。
とわかってきます。

そこから、おっぱいをあげるときに赤ちゃんの体勢、口の開き方に注意しながら、あまり出ない乳をとりあえずあげます。

病院では、毎度あかちゃんの体重を計って、おっぱいがどれだけでているかチェックしないといけません。

退院時には、乳がでるように、おっぱいマッサージをうけました。

だんだんとおっぱいが張るようになってきて、赤ちゃんも飲むのがうまくなってきますね。

家に帰ったら、乳牛となる。

家に帰ってすぐは、おっぱいの出が悪かったので、ミルクと混合で、赤ちゃんに乳を吸わせました。

それが、日に日におっぱいがどんどんでるようになって、吸わせてもいないのにピーピー飛び出るようになりました。

まさに「乳牛」となります。

ちゃちゃこ
モ~~~

乳に激痛が走ったときに読んだおすすめ本

その後は、赤ちゃんが泣くたびに、とりあえず乳を飲ませます。1時間も経つと、乳がカチカチになってきます。それがかなり痛い!!!

俗に言う「乳が張る」状態です。

赤ちゃんの飲む量と、乳の製造量があっていないからですね。

「歩くだけでも乳が痛い」という状況が訪れます。

そんなときに目を皿にして読んでいたのはこの本でした。

何度同じページを読んだでしょうか。

この本はめっちゃ役に立ちました。

乳が詰まり、流血したときに解決法

その後、「乳が張る」という状態から「乳が詰まる」という最悪の状態になっていきます。

乳が張って、乳首が痛くて、大変な惨事です。痛くてたまりません。

そして、乳首から血がでます。それをまたくわえさせないといけません。

製造される乳を出さないと、乳が岩のようにかたくなっていきます。

吸わせるしかないんです(泣)

「痛いけどあげるしかない、えいや!」と思ってあげていました。

ちゃちゃこ
思い出したら、めっちゃ憂鬱になってきた。。

それを何度も繰り返し、乳首が強くなっていきます。

ママ友は「乳腺炎」になったり、痛すぎて「おっぱいマッサージ」をうけにいっていましたね。

私はケチなので自力でなんとかしましたが、おっぱいが熱をおびだしたら、保冷剤で冷やしていました。

そしてだんだんとトラブルがなくなって、赤ちゃんの吸う量と製造量が同じくらいになって、おっぱいトラブルから開放されます。

生後3、4ヶ月で落ち着いてきたように思います。

赤ちゃんがそのまま舐めても大丈夫な薬を塗っていました。おすすめです↓↓

あとは、乳首にカバーをつけるものがあります。噛んだりされるときはこれもいいですね。

授乳でおっぱいが痛いときの解決法

①保冷材で痛い部分を冷やす

②とにかく赤ちゃんに吸ってもらう

③乳首がいたかったら薬を塗る

④乳首にカバーをする

⑤産院や助産師さんのところでおっぱいマッサージを受ける。

乳が痛い原因はさまざま

人によっておっぱいの悩みもさまざまです。

私の場合は上記に書いたような流れでしたが、ひとりひとり違います。

大丈夫です!ずっと続くわけではありません!だんだんとおっぱいトラブルもなくなりますので、ご安心ください。

赤ちゃん連れで病院にいくことも大変なので、なるべく家でなおしたいですよね。

でも、どうしようもなくなったら、病院にいきましょう。

母乳が大変な時には、ミルクを足すことも大事です。

お母さんが心身ともに健康できることが一番大事なことです。

どうか、自分を大事にしてあげてくださいね!

赤ちゃんグッズのおすすめ記事はこちら↓↓

赤ちゃんグッズカテゴリー

ブログで稼ぎたい人はKUMAPさんのTwitterをフォローだよ!クソババアとの約束だよ!