「怒り」の感情との付き合い方を変えてみます。

私は「怒り」の感情が好きではない。

怒っている人を見るのは恐いし、不快だ。

「怒る自分」も好きではない。

中学生のときからずっと「自分から湧き出てくる怒りの感情をどう昇華させるのがいいのか」ということを考えてきた。

言いかえれば流行りの「アンガーマネージメント」を自分なりに模索し続けてきた。

「怒らない心の広い人」になろうと無理をしていた。

ぜーんぶ〇や!と言っておきながら、怒る人✖怒らない人〇と決めつけていた。

私の長年の経験から「怒り」は「八つ当たり」と「嫉妬」から生まれるという結論に至った。

怒っている人を見ると「嫉妬で勝手に怒っているだけだな。だせぇな。」と思っていた。

自分が娘にイライラして怒ったときは「八つ当たりしちゃった。ごめん。」と心の中で反省し、自己嫌悪におちいっていた。

しかし、怒りをコントロールしようしようと思うほど、怒りがややこしくなり、怒る自分を責め、怒る人をバカにする自分にさらに疲れた。

「怒り」を否定し、抑えよう抑えようとし、「怒る人はダサい」と思えば思うほど、自分自身を否定することになった。

もうかれこれ20年以上このことについて悩んできたので、「私はどうあがいても器の大きい人間にはなれない」=「怒らない人間にはなれない」と気づいたので、ここらでいっちょ新たな考えかたを取り入れてみようと思う。

スポンサーリンク

怒ることに〇をつけてみることにする

以前こんな記事の中で紹介した、心理カウンセラーのママ友に相談してみた。

彼女は以前から、怒ることは悪いことではないと言っていて、夫婦喧嘩もするけどその分お互いを理解できて仲良くなるし、子どもにも怒ることは悪いことではないと言っていた。

その話をママ友から聞く度に「私はやっぱり怒りは嫌いだな。怒りを肯定はできないな。」と思っていた。

しかし、何度もママ友と話しているうちに、「怒りという感情」を肯定して生きていかないと、「怒るちっぽけな自分」を肯定できないということに気づいた。

「喜怒哀楽」は人間の基本的な感情だ。

この中の「怒」だけをタブー視する必要はない。もちろん「哀」もだ。

怒ることはエネルギーがある証拠だし、だれにでも湧いてくる当たり前の感情だ。

だから私は「怒ることもオッケー」の人生にしようと思う。

「自分が怒ること」がオッケーなら「他人から怒られること」も「他人が怒ること」もオッケーだ。

私の人生のテーマは「自分の心に素直に生きる」ということだ。

自分自身に正直に生きることを一番大事にしているのに、怒りの感情だけは否定し続けてきた。だから解決せずに悩み続けてきたんだと思う。

だから自分の中の怒りの感情にも〇をつけることに挑戦してみる。(これから味わうだろう「哀」にも〇をつけていきたい)

勝手に怒る前に、深く相手を知る

そして「怒ること」を肯定すると同時に「他人と深く話すこと」に挑戦しようと思う。

自分の勝手な想像で怒ることはやめようと思う。

相手が何を考えているのかを、納得いくまで聞いてみようと思う。

いらっとすることがあれば、相手にその気持ちを伝えてみようとおもう。

勝手な想像で怒るんじゃなくて、ちゃんと相手の本意を聞いてから怒ろう。

怒るなら思い込みや想像じゃなく、相手の話を聞くというめんどくさいことをしてから、ちゃんと怒ろうと思う。

子どもに対しての怒り

子どもに対して怒ることにもずっと罪悪感があった。

なるべく怒らないように努力してきた。

私は娘に「自分の感情に正直に生きてほしい」と思っている。

それなのに怒りの感情だけを、否定し、感情に蓋をするようにしていた。

だから、娘も「怒ること✖、我慢すること〇」になってしまっている。

これからは、時には我慢することも大事だけど、怒ることにも〇をつけようと思う。

全ての感情に〇をつけてみようと思う。

娘に対して、怒りたくなれば素直に怒って、怒った自分に✖はつけない。

娘の要望をすべて聞かなくても、娘が遊んでと言ってきて「嫌だ」と否定しても、娘は私のことを嫌いにならないし、私は娘が大好きだ。

娘に対しても、もっともっと素直になろうと思う。

我慢をする母親より、素直な母親のほうが娘もきっと好きなはずだ。

いい母親になろうとせずに、嘘のない母親になることに挑戦しようと思う。

怒りを受け入れたら怒ることが逆に減りそう

今まで「怒り」に蓋をしようとしても「できないできない」とよけい怒りについて考える時間が増え、怒っている人をみては「嫉妬と八つ当たりだ、ダサい。。」とグチグチ考え、自分も他人も否定し、よけい疲れていた。

しかし、「怒り」も当たり前の感情だからOK!

怒る人もそりゃ人間だからいるだろう、OK!

だから「みんな喜怒哀楽のあるちっぽけな人間だ!みんなOK!」になりそうな気がしている。

怒りを受け入れると、怒ることが逆に減りそうな気がする。

いや、もうすでにかなり楽になったのが自分でわかる。

「心の広いひとをうらやむ気持ち」もなくなってきた。

20年くらい悩み続けてきたことが、だいぶ軽くなってきた。

しかし、「思考のクセ」はなかなか治らないので、今の気持ちを忘れないために、忘れたときに読み返すために記事にしてみた。

喜怒哀楽をみんな含めて、存分に味わっていく人生を送りたいと思う。

スポンサーリンク

自分の子供に「別に友達がいなくてもいい」と言い切ったママ友を尊敬しています。

2017.12.06

子どもがYoutubeやゲームばかりして大丈夫?悪影響あるのかな?心屋仁之助さんの本で気が楽になる。

2017.09.25

本気で悩んでいるお父さんお母さんに読んで欲しい、noteというアプリにイライラしがちな父母へ「子どもを怒らないためのマインドセットの方法 」という500円の有料記事を書きました。

めちゃくちゃ悩んでいる人にぜひ読んでもらいたいです!