「蒸気がでない電気ケトル・ポット」で子どものやけど防止対策。安全は親の手で作れます!

いろんなことに興味津々な5歳児(娘)の父、ちゅんすけです。

最近、Yahooニュースで『電気ケトルで子どもがやけどする事故が多発しいている』という記事を見ました。

娘は、好奇心旺盛なうえに注意力散漫なので、『不注意で電気ケトルをひっくり返して大やけど』は他人事じゃないですね。

僕と同じように、小さい子供がいるお父さんお母さんは、「いつかうちの子も、やけどしてしまうかもしれない」という不安はありませんか?

でも大丈夫です!

『蒸気レス』『転倒流水防止』といった機能がついていて、やけどのリスクを限りなく0にできる、電気ケトルや電気ポットが発売されているんですよ。

そんなに高い商品ではないので、子どもをやけどから守るために買うべき商品です!

スポンサーリンク

子どものやけどが7年で241件

消費者庁によると、2010年12月以降に医療機関から寄せられた子ども(0~14歳)による、ケトルやポットの事故は7年で241件。

そのうち、入院を要する中等症以上のやけどは、56件(23.2%)あったようです。

これは、暖房器具(9.3%)炊飯器(8.2%)に比べると、かなり高い割合。

ちゅんすけ
意外なデータだ。暖房器具のほうが、ひどいやけどになりそうなのに・・・・・

暖房器具には「近づいたらいかんよ!」と注意を払っていても、ケトルやポットはそんなに気をつけてなかったんですね。

やけどになった状況

ケトルやポットでのやけどは、沸騰時の蒸気に触れたり、コードに引っかかり熱湯をかぶったりするケースが多いようです。

子ども目線で考えてみれば、リアルにやけどした状況がイメージできてしまいますね。

  • 蒸気を見つけて、「これなんだろう」と興味津々でさわる
  • 蒸気を止めてやろうと思い、蒸気口を手でふさぐ
  • 走り回っていてコードを引っ掛けて熱湯をかぶる

重いやけどのほとんどが、2歳以下の幼児というデータも有り、歩き始めたばかりの子どもが『つかまり立ちをしていたら引っ張ってしまった』というパターンもあります。

『蒸気口から蒸気がでる』『倒れたら熱湯がでる』ということが事故の原因。

これらの事故原因を解消してくれるのが、蒸気レスや転倒流水防止機能なんです!

蒸気レスとは?

一般的なケトルやポットは、沸騰したときに蒸気が外に出てしまいますが、蒸気レスは名前の通り蒸気がでないんです。

蒸気を本体内部で冷やし、水蒸気をなくしてしまう(液体にする)ってことですね。

水蒸気が出ないのなら、触ってやけどする心配がないですね。

転倒流水防止とは?

転倒流水防止とは、傾いた場合でも、お湯もれを最小限に抑えることができる機能です。

これはすごいですよね。

コードを引っ掛けて倒したときに、ドバっと熱湯がでるのと、チョロチョロ出るのでは全く違います。

「すぐに病院に行かないと!」という状況だったのが、「水道水で冷やしとき!」くらいでおさまりそうですね。

蒸気がでない転倒流水防止電気【ケトル】おすすめ商品

タイガー 魔法瓶象印が、蒸気レスで転倒流水防止の電気ケトルを発売しています。

じゃあ、どちらのメーカーの電気ケトルを選べばいいのか。

僕は、タイガー魔法瓶の電気ケトルをおすすめします。

理由は、タイガー魔法瓶のほうが安いから!

性能に違いがあれば比較しやすいんですが、「自動電源オフ」や「空だき防止」など、他の安全機能なども両メーカーともほとんど変わりはありません。

名前も知らないようなメーカーならともかく、大手メーカーのタイガー魔法瓶な上に、値段も安いとなれば迷うことなくこれが買いです。デザインもシンプルでいいですね。

800mlのお湯を沸かすことができ、値段は3,500円ほどです。

ちなみに、600ml、800ml、1000mlと沸かせれる容量が違う商品がでているんですが、型番の最後の数字を見ればわかるので参考にしてみてください。

上で紹介した『PCJ-A081-H』の場合、赤字に下部分が容量を表しています。

『06*⇒600ml』『08*⇒800ml』『10*⇒1000ml』という感じです。

タイガー 蒸気レス 電気ケトル』で検索した上で、自分に合った容量を見つけてみてください。

似たような型番が表示されますが、『蒸気レス』と表記されているものを選び、自分にあった容量の電気ケトルを買えば大丈夫!

蒸気がでない転倒流水防止電気【ポット】おすすめ商品

電気ポットも、タイガー魔法瓶象印が発売していますが、いろいろな種類がありますね。

そのなかでもおすすめなのが、タイガー魔法瓶の『PIM-A300』

  • 赤ちゃんがいる人には嬉しい『ミルクの適温70°』に設定可能
  • 電動給湯+エア給湯なので、電源がなくても給湯できる
  • デザインがおしゃれ
  • 「ゆっくり」「スピード」の2つの給湯量が選べる

安全機能はもちろんのこと、使いやすさも兼ね備えたミルク作りにも適した電気ポットです。

  • 年間電気代約5.400円と蒸気レスタイプではトップクラスの省エネ
  • プラグを抜いても3時間90°以上をキープする保温力
  • 電動給湯+エア給湯

安全機能+省エネと、電気代が安い電気ポットです。

まとめ

僕は、熱湯をかぶってではないのですが、子供のころ焚き火と料理で2回やけどを経験しました。

ジンジンする痛みがずっと続いて、今でもやけどの痛みを覚えているほどです。

やけどの跡が残ることはなかったのですが、顔にでも跡が残ってたら母は後悔しただろうなぁ。

しかも、子どもは皮膚が薄いので、やけどの後遺症(こわばり、変形、やけど跡)が残る可能性も高いということも聞きます。

事故が起きてしまって後悔する前に、減らせる危険は親ができるかぎり減らしてあげましょう。

スーパーの食パンを赤ちゃんに食べさせなくなったよ。離乳食におすすめの我が家のパン事情。

2018.05.29

育児の愚痴を言える人は強いと思う。わたしは糸が切れそうで言えませんでした。

2018.01.18

【どれが効くの?】ルルドの10種類のマッサージクッションを比較。おすすめはこれだ!

2017.12.22

買い物すると現金が戻ってくるサービス『monoka(モノカ)』って何?

2017.08.10