高知蔦屋書店のこどもの遊び場「CHUCHU」で遊んできたよ!料金・営業時間・対象年齢などをレポします。

12月3日にオープンした「高知蔦屋書店」の3階にある子どもの遊び場「CHUCHU」に行ってきました。

私と6才の娘、1才4ヵ月の息子とで遊んできた様子をレポします。

 

ちゃちゃこ
大人も子供も満足度高かったよー!
ムスコ
1才4ヵ月のボクも大満足!
ムスメ
もっと遊びたかった―!

高知蔦屋書店の遊び場「CHUCHU」の料金

まず気になるのが料金ですよね。

CHUCHUの料金はこちら

まず、大人もこどもも1人にあたりに500円が必要です。

私の場合は、大人1人500円+こども2人1000円=1500円を最初に支払いました。

こどものみ30分をすぎると、10分ごとに100円必要になります。

我が家は50分ほど遊んだので、追加でこどもひとり延長料金200円×2人=400円支払いました。

 

大人1人+こども2人で50分遊ぶと合計1900円かかりました。

大人1人+こども1人で30分遊ぶと合計1000円ですね。

 

まあまあ高く感じますか?

この料金表の右をみてください。

な、なんと!平日1日パス1600円、平日1ヵ月パス4000円を「近日中に販売いたします」と書かれていました!

「子ども1人+大人1人」の料金なのでかなりお得ですね。

早く発売されることを願っていますキラリ

ちゃちゃこ
通常料金でも、遊び場としての満足度はかなり高かったよ!

高知蔦屋書店の遊び場「CHUCHU」の対象年齢

対象年齢は生後6ヵ月から12歳までとなっています。

大人1人につき子ども3人までが、一緒に入場することができます。

4人以上こどもがいるかたは、大人が2人必要になってくるので注意してください。

高知蔦屋書店の遊び場「CHUCHU」の営業時間

営業時間は10:00~19:00までです。

18:30が最終受付となります。

この時間までやってくれていたら、夕方から遊びにいくこともできますね。

高知蔦屋書店の遊び場「CHUCHU」の遊具

とにかくここはめっちゃくちゃ広いです!!!

こどもがたくさんいても、混雑したように感じないくらい広い!!

真ん中にはででんとボールプールがあります。

走れるトランポリンとサイバーボールもあります。人気の場所でした。

6才の娘がくるくる回っていました。

積み木がたくさんあるところや、おままごとができるところもあります。

大きい積み木がたくさんありました。

おままごとスペースもかなり広い

 

赤ちゃんゾーンもあるよ

生後6ヵ月から1才半まので子たちだけが遊べる、ベビーゾーンがありました。

このゾーンだけでも十分に遊べますね。

ハイハイをできるくらいから、楽しく遊べますよ~。

ここでこどもたちを遊ばせながら、ママたちはおしゃべりしまくれますね~。

このゾーンの奥に、授乳室やおむつが交換できる場所もありました。

 

CHUCHUの入り口には、荷物をおいておけるロッカーもあるので、買い物したあとでも大丈夫です。

高知蔦屋書店には子育て支援センター「ママン」があるよ

この有料のこどもの遊び場の向かいには、無料で利用できる「子育て支援センター」があります。

水曜日以外は開所しています!

ちゃちゃこ
私がいったのはちょうど水曜日でした。

子育て支援センターママンの開所時間は、10:00~12:00、12:30~15:30です。

年末は29日から31日まで閉所しています。

妊娠中から就園前の親子が遊べる施設です。

小さい赤ちゃんはこちらでも十分ですね!

高知蔦屋書店の遊び場「CHUCHU」にいってみた感想

「CHUCHU」に行った感想は、親としては、めっちゃいい場所だったーーーー!!!

お金はかかりますが、安全だし、広いし、いろんな遊びができる最高のスポットでした!

 

私が利用したいのはこんなとき

・家で子どもといるのはもう無理!かといって公園で見張りもしんどい時!

・ママ友とゆっくりしゃべりながら子どもたちを遊ばせたい時!

・ママが1階でゆっくり買い物している間に、パパやおばあちゃんと一緒に!

ちゃちゃこ
こどもが楽しんでくれるから、親も楽しいよー!

 

【高知蔦屋書店の関連記事】

高知蔦屋書店の親子カフェ「オーガニックスタイルキッチン」に行ってきたよ!

【駐車場情報】高知蔦屋書店(卸団地)新店ツタヤの駐車場や混雑状況について詳しく説明します。

肉がデカい!高知蔦屋書店の『デュロックマン56』でハンバーガーを食べてきたよ。

【新店】高知南御座(卸団地)の蔦屋書店TSUTAYA複合施設へGO!場所、営業時間、店舗情報をあつめました。