離乳食は手抜きでOK!あまり食べないので気楽にいきましょう。

息子が生後5ヶ月を迎えた、ちゅんすけです。

生後5ヶ月と言えば・・・・・そう!離乳食を開始する時期ですね。

現在5才の娘が離乳食のときは嫁に任せっきりでしたが、今回はボクが離乳食担当になりましたーーー!!

ちゅんすけ
息子がおいしくたべてくれたらいいなぁ。でもほんまに食べるんかな?

という思いで、離乳食作りをしています。

「離乳食はそんなに頑張らなくてもこどもは元気に育つ!」をモットーにゆるくやっていくつもりです。

ちょうど離乳食をはじめて1週間経ったので、最初に準備したものと手抜きできるグッズを紹介します。

離乳食おすすめ本「よくわかる離乳食」

まず絶対に必要なものは、「離乳食の本」ですね。

とりあえず、一連の流れは把握しておいたほうがいいです。その通りにする必要は全くありませんが、食べさせてはいけないものなどは知っておかないと大変なことになります。

ネットでいろんな情報が出回ってますが、正確なものかわからないので注意が必要ですね。

離乳食の基本的な進め方は5年前とほぼ変わらないので、中古の本でもOK

娘のときに買っていた本を今回も参考にしています。

おかゆの作り方はもちろん、離乳食の進め方についても細かく書いてくれているので、今はこの本の通りにすすめています。

この本が1冊あれば、離乳食完了期まで何も買わなくていいですね。

あとはネットでいろんな簡単離乳食レシピなどを参考にすれば大丈夫。

100均で揃えられる離乳食グッズ

次は100均で揃えられるものについて書いていきます。

お皿は電子レンジで使えて割れなかったらなんでもいい

お皿はわざわざ離乳食用を揃えなくても大丈夫ですよ。

一度買ったお皿とは長いお付き合いになるので、いいものを買ってもいいですが、100均で買っても長く持ちます。

息子はキャラものが好きなようなので、おかゆを入れているのは100均で買ったくまモンのお皿。

子どもが自分で食べるようになったら、お皿は床に落とすし、どんな食器にしても机も床も汚れます。

「離乳食をあげる大人がテンションのあがるような食器」でいいんじゃないですか?

「電子レンジでつかえて、割れにくいもの」であればどんなものでもOKです。

約40℃以上の熱い物に触れると色が変わるスプーンや、離乳食はさみが入っていて、かなり実用的。

ちゅんすけ
麺切カッターって使いにくいから、離乳食はさみが欲しい!

ふたつき製氷機は必須

離乳食は冷凍が基本。

毎度毎度食べるたびにつくっていたら、気が狂ってきちゃいます。

ボクは10分粥を500gつくって、このように製氷機にいれて凍らせました。

凍らせたおかゆは、ジップロックにいれて保存すれば長持ちします。

一度にたくさん冷凍庫に入れたいので、ふたつき製氷機は2つ以上あれば安心ですね。

不満な点は、製氷機から凍った食材をはがすのにかなり苦労すること。

そんなことに、時間と手間をかけたくない人は、下から押すだけでポンとはがれる、製氷機を買えば楽ですよ。

すり鉢とすりこぎと茶こしは100均でOK

すり鉢とすりこぎがあれば、バナナや豆腐などをすりつぶすことができますし、茶こしがあれば繊維質なものを裏ごしできます。

100均で買うか、家にあるなら買わなくてもOK。

我が家は離乳食調理器具セットを買いましたが、100均のもので代用できました。

お食事用スタイは洗濯機で洗えるものがいい。

離乳食の開始時は、おかゆ小さじ1杯なので、離乳食専用のスタイは必要なし!

普通の布のスタイでも受けとめてくれます。ガーゼだけでも問題なさそうですね。

離乳食が進んできて量が食べれるようになれば、離乳食用のスタイがあったほうがいいかもしれませんが、必ず必要ではありません。

結局、離乳食が進み自分でもって食べるようになると、服は汚れるので、服を洗濯したほうがましです。

100均にビニール製のものがありますが、洗濯機にかけられないので、すぐにカビが生えてきました。

洗濯機で洗えないスタイは、すぐにカビが生えるのでやめておいたほうがいいですね。

ベビッタのスタイなら、洗濯機で洗えて衛生的。

ウェットスーツの素材でできているので、丈夫だし洗濯機で洗えばカビが生えないので、長持ちします。

1200円程度と安い!!

すぐにカビが生えるものを何枚も買うよりお得ですね。

スプーンは素材が大事であーる!!

ツイッター情報を見て、嫁が「温度がわかるスプーンがあるから欲しい!!」というので、トイザらスのものを買ってみましたが、、、、

素材が硬くて、赤ちゃんにあげにくいです。

おかゆはすぐに冷めるので、温度はそんなに気にしなくても大丈夫でした。

大人のとりわけを食べれるようになってきた頃には温度がわかるスプーンがあるといいかもしれませんが、最初は必要ないですね。

それよりも大事なのはスプーンの素材

はじめは、やわらかいシリコン製の小さいサイズのスプーンがあげやすいです。

我が家が使っているのは、リッチェルのやわらか育児スプーン。

柔らかいので、お口からもれてくるおかゆを受け止めやすいし、息子も食べやすそうです。

この2本セットがあれば、当分の間は大丈夫。

離乳食の手抜きグッズ一覧

ブレンダーがあるとかなり楽

娘のときは、おかゆをすりばちでつぶしていましたが、かなり効率が悪いのでやめときましょう。

嫁はほうれん草などの繊維質なものをすりつぶすのに、「繊維が切れん!!」と嫁のほうがキレていましたね。

そして、せっかく作ったのに食べないという。。。

「離乳食とは頑張ってつくっても拒否されるという恐ろしい世界」です。

食べるか食べないかわからないものに時間をかけるのはやめて、ブレンダーで簡単に作っちゃいませんか?

離乳食完了期まで使えるので、最初に買ってしまったほうがいいですよ。

最低限の機能のものは3000円弱で買えます。すりつぶす時間を考えると、お安いものですね。

とくに「おかゆ」は毎日食べるものなので、レトルトよりも一気につくって冷凍しておいたほうがコスパがいい!

ブレンダーがあると本当に楽ちんになるのでお試しを。

1分くらいやれば、なめらかな10分粥ができちゃいました。すりこぎから比べるとあっという間ですね。

粉末やレトルトに助けてもらおう

おかゆ以外のものはレトルトでもOK!もしくは粉末のものを溶かすのもいいですね!

我が家は最初は、野菜パウダーを使ってみます。

アレルゲンフリーで国産の無添加!!5袋で1000円!!

野菜買うより安いし、手間暇を考えるとこれが一番いいですね。

※生後9ヵ月になっても野菜がないときは、このパウダーをおかゆに混ぜて食べさせています!めっちゃ便利!

手間暇をかけるよりも、ストレスをかけずに続けていくことが大事。

赤ちゃんは舌ざわりや食感を気にするので、野菜からつぶすよりも食べやすいこと間違いなしです。

ちゅんすけ
裏ごしがむずがしいほうれん草があるのがいい!

だしも冷凍しておきます。

だしは普段家で使っているものを離乳食用に冷凍するつもりです。

冷凍万歳!!

肩の力を抜いてゆるりとやろう

「せっかく苦労してつくっても食べない」というのが離乳食の定説ですので、レトルトの力を借りるほうがストレスが溜まらなくていいですね。

というわけでボクの結論は、「おかゆ作りにはブレンダーはいいよ!あとは粉末やレトルトでもOK!」

現在5才の娘は、離乳食はあまり食べず、卒乳するまで母乳ばかり飲んでいました。

保育園に行くようになってから徐々に食べはじめて、野菜が大好きになったかと思えば、肉好きになったりと好みは変わっていますが、問題なく生活できています。

娘は何でも食べられるのに、「あれはいや、これはいや」となかなかうるさいので、料理担当のボクも困ることがあるけど、元気に育っているので心配はしていません。

大人になってミルクしか飲まない子はいないし、ボクも苦手な野菜や好き嫌いもあるけど困ってないんだよなぁ。

適当にやっても手をかけても、なるようになるので安心して手抜きをしていきます。

現在息子はおいしそうにおかゆを食べてくれているので、それを見るのは楽しいですね。

しかし、今は娘よりかは順調に進みそうな気配ですが、作ったものを食べない、床に落とす、投げるという時期が来ることをボクは知っている。

そんなときに、手抜き離乳食を極めていれば、いらぬストレスを感じることもなく続けていけるので、ゆるく手抜きのレベルを上げていきましょう。

↓↓ホームベーカリーがめちゃくちゃ大活躍しています↓↓ぜひ読んでね!

【関連記事】スーパーの食パンを赤ちゃんに食べさせなくなったよ。離乳食におすすめの我が家のパン事情。

 

スポンサーリンク

極上のおしりふき発見!5種類使ってみてNo.1は赤ちゃん本舗のおしりふきだった。

2018.01.18

【新発見!】赤ちゃんがひとりでミルクを飲むおもちゃ!?マグボールを知っていますか?

2018.01.02

 

ブログで稼ぎたい人はKUMAPさんのTwitterをフォローだよ!クソババアとの約束だよ!