【家族移住日記】ちゅんすけ家が移住した本山町自慢のイベント『お山のてづくり市』を紹介します

どうも、ちゅんすけ(@tyunduke)です。

高知市から、高知県の山奥『本山町』に移住して1カ月たちました。

移住先となった本山町の、代表的なイベント『お山の手づくり市』に行ってきたので紹介します。

個性的なお店が出店してるので、満足感が高いイベントですよ。

お山の手づくり市って?

ボクが住んでいる本山町で、4ヵ月に1度のペースで開催されているイベント。

春夏秋冬と、各季節ごとに行われている感じですね。

1度だけ隣町の大豊町で開催されましたが、本山町内のいろんな場所で開催されています。

飲食や雑貨などの様々なお店が出店して、どのイベントでも見かけるようなお店でなく、手づくり市でしか会えないお店が多いので、高知市に住んでいるときからよく行ってたんですよ。参加率は9割を超えているはず。

イベントもいろいろ変化していて、数年前には入場料100円が徴収され、幻の牛といわれる『土佐あかうし』のステーキ肉などが当たる抽選会が行われるときもありました。

イベント会場や季節によっては、ボルダリング体験、SUPなどもでき、買い物だけでなく体も動かせるイベントなんですよ。

高知市に住んでるときは、2時間かけて来ていたイベントですが、移住してきてから10分くらいで行ける身近なイベントになりました。

2017年8月の『お山の手づくり市』で買ったもの

今回の手づくり市は、魅力的な初出店の店もあれば、常連店が新しい試みをしたりとかなり楽しめました。

フランス人が作るフレンチトースト

こちらは常連さんの『パグパグ畑』が、売っていたフレンチトースト(250円)

本山に移住してきたフランス人の方が作っていて、この日限定のフレンチトーストなんですよ。

パグのシールが可愛い。

ボクが好きじゃない銘柄の食パンを使ってたので、「おいしいんだろうか?」と不安になりましたが、予想を裏切られるおいしさ。

しっとりもっちり食感で、さっぱりながらもコクがあるのでおいしい。

シナモンの風味もいいアクセントになっています。

トマトの季節にはトマトが売られていて、子ども限定ですが1パック100円で詰め放題なんていうこともやったりと楽しませてくれるんですよ。

トマトソースも売っているんですが、なんと犬用のトマトソースも売っています。

昨年からは、さつまいものペーストをかけたかき氷も登場して人気商品になり、常に進化を続けているおもしろいお店。

はなぱん

パンに対してこだわりが強くてうるさいボクが「おいしい」と思った数少ないパンです。

高知にいると食材はおいしいんですが、都会と違っておいしいパンに出会う機会が少ないんですよねぇ。

『はなぱん』のパンは高知県産の天日塩、徳島・香川県産の和三盆など素材にこだわっているし、パンの食感もしっとりしてて口に残らなくておいしい。

チーズのパンは、チーズと生地のバランスが良い!

チーズの口どけもよくて、嫌なクセもないんですよ。

ナッツのパンには、ものすごい量のナッツが入っているのでコクがすごい。

“高知 パン屋”で検索すると、ボクの書いた『ココさえ行っとけば間違いなし。高知のおいしいパン屋、厳選5店紹介します。』という記事がまとめ系サイトの次にでてくるので、興味がある人は検索してみてください。

FTBドリームファクトリー

今回初めて見かけた『FTBドリームファクトリー』というお店がかなりアツかった!

お山のてづくり市の飲食ブースは、基本的には軽めの食べ物が多く、ガッツリ系が少なかったんですよ。
そんな中で、『肉』を押し出したお店は魅力的。

フライドポテトと、にんにくの効いたチキンがたっぷり入ったトルティーヤ。

中はしっとり、外はパリッとした食感で、ガツンとにんにくの効いた食欲をそそるフリフリチキン。

家から持って行ったおにぎりがススミました。

帰り際に半額になっていたので、ついついかった唐揚げ(?)も濃い味でおいしいかったです。

おなかを張らすには物足りなかったお山のてづくり市も、この店があればかなり満足感がましますねぇ。

おにぎりとお茶は必須。

ゆめらすく

こちらも今回初めて見かけた、ラスク専門のお店『ゆめらすく』

びっくりするほど種類があって、どれを買おうか迷いますが、店員さんがおススメを次々と試食させてくれたので、好みのラスクを選ぶことができました。

クルミとチーズのラスクと、とんがりラスクを購入。

クルミとチーズのラスクは、チーズのコクと程よい酸味、クルミは油分と食感のアクセントがいいバランスで共存しています。

とんがりラスクは、シンプルなラスクなんですが、ざっくりした食感がクセになるし、深い味わいがあり他のラスクとは違いますね。

パン屋さんのラスクは、前日の残りを加工しているものが多いですが、ラスク専用のパンを焼いて作っているというのもポイントが高いですね。

他に買ったもの

高知市のオーガニックマーケットというイベントでも見かけた、『山のせっけん屋西熊家』でせっけん。

隣町の土佐町に住むアーティスト川原将太さんのワークショップもあったのでやって帰りました。

まとめ

他にも子供たちがいろんなものを作って売る『こどもマルシェ』も、子供がいれば喜びますよ。

娘はスライムづくり(50円)が好きで、行くたびに買っています。

今回は買えなかったけど、酵素ジャムや酵素シロップの店もおもしろそうだったなぁ。

興味がある人はぜひ、本山町へ来てみてください。

お山のてづくり市のツイッターをフォローしておけば、情報が入りますよ。

【家族移住日記】本山町の田んぼアートを見てきたよ!山はやっぱり気持ちがいい!

2017.08.08

お取り寄せできる!高知のアイスを紹介します。ミレービスケット、おっぱい、地乳!

2017.05.15

【家族移住日記】本山は主夫をダメにする?移住して1カ月。我が家の食卓を紹介します。2017年7月

2017.08.10

【家族移住日記】本山町に引越しして5日経ったので、感想を述べてみよう。

2017.07.03