雑記ブロガーはこんな記事書くといいよ!ネタの探し方を伝授します。

こんにちは、正直クソババアブロガーのちゃちゃこです。

雑記ブロガーのかた!

「書くことないなぁ。何をかけばいいのかわからなーい(泣)」というときありませんか?

私もたまにあります!

そんな方のために、ブログを6年やってきた私が「こんな記事書くといいよ」ということを6つまとめたので、参考にして、記事をガンガン書いてください!


①公式サイトの情報が薄い

何か買おうと思って、公式サイトを見たら、、、全種類のってない!!ということありませんか?

そんなとき「あれ?情報がない?誰か丁寧にまとめてくれていないかな?」と思って検索しますよね。

はっきりいって、まとめるのはかなり面倒です。

頭がいたくなってくるときもあります。

しかし、これが読まれて発生する記事になるんです!

がんばって書いたもん勝ち!ぎゃんば!

②新店情報はPV集めにもってこい!

近くに新しいお店ができたら、定休日はいつ?メニューは?営業時間は?とめっちゃ気になりますよね。

新店は、お店に行く前に検索する人がめちゃくちゃ多いです。

うちの旦那は地域情報ブログをやっていますが、新店を書いただけでデイリー2000PVいってましたね。

PVを集めたいなら、新店情報がおすすめです!

オープンしますよ!という情報から書くのもありですね。

そこで上位をとっておいて、実際にお店にいったら追記するという方法もあります。

PV欲しい方はぜひ挑戦してみてください!

③パン屋さんが好きな人は多い

パン屋さん好きですか?

我が家はかなり好きです。

ハード系のパンが好きです。

パン屋さん好きはいっぱいいますよね。

旦那が書いたこちらの記事>>>【随時更新】ココさえ行っとけば間違いなし。高知のおいしいパン屋、厳選5店紹介します。

めちゃくちゃ読まれてますね。

多分、地元の人だけじゃなく観光客にも読まれているんじゃないでしょうか?

旅行にいったときもおいしいパンを食べたい!という人いますよね?

はい、わたしです。

パン好きのかた!ささっと、熱く、かきましょう!

④体験談はあなたしか書けない

めったにない体験をしても、ブログにちゃんと書いてる人はいません。

ブログに書いてない人は多いですが、体験をしてそのときにググる人はいっぱいいます!

私の場合は>>腸閉塞になりかけに何度もなった私の経験と対処法を書きとめておきます。

この記事が、ちょいちょい読まれてますね。今苦しんでいる人がいると思うと、心配になりますが。。。

あとは>>3歳児健診で視力が低いといわれたのに4歳7ヶ月まで放置してしまった経験をお話しします。

この記事も読まれていますね。

自分が体験したことは、ちゃんと記事にすると誰かの役に立ちます。

あなたしか書けない記事です!ぜひ書いてみてください。

⑤自分が調べたことは誰かも調べている

全然いい情報がないーーー!!!もう自分で調べるしかない!!!

ということありませんか??

半年に2回くらいありますよね。

それは絶対記事にするべきです。

「時間=お金」という感覚がある人にとって、「検索する時間が無駄」なのです。

いい情報がまとまっていたら、飛びつきますよ!

私の場合は>>高知から東北青森に「子連れで安く早く楽に行く方法」を徹底的に調べてみた!

これね、すんごい読みづらいので、書き直しますが、徹底的に調べた熱量はあります。ほんとしんどかった。。

>>安いランドセルを手に入れたい!娘のために「楽天・Amazon・通販」をあさりました

3万円以下のランドセルをみつけるのにも苦労しました。。

誰かの役に立つために、上位表示されるようにがんばります!

⑥さくっとかける記事があなたに向いてる記事

書いていて「気持ちがいい記事」「情熱が湧いてくる記事」がきっとあなたに向いている記事です。

まずは、得意なことをどんどん書いて、それをマネタイズする方法を考えましょう!

それがダメだったら、頑張って別の記事書こうか??www

文章にするには「情熱」が必要です。

「情熱」をかけられる記事をぜひ書いてください。

そういう記事が人の心を動かします。

有料noteにもっといい情報書いたよ!

昨日、490円で有料noteの販売を開始しました!

タイトルは『あなたでも1位をとれる!レビュー記事を書くときに狙うべきワードの探し方』です。

私のブログが最初に稼ぎはじめたのは「商品レビュー記事」でした。

どういうことを意識して商品レビュー記事を書けばいいのか知りたい方は、読んでみてください。

私がブロガーの人のためにやりたいことは「記事を書く気がモリモリでること!」です。

これを読んだら記事をかきたくなったぜ。。というnoteやブログ記事を今後も書いてきますぜい!

ブログ運営カテゴリー記事を見てみる