ちらし寿司にサバ缶が合うって知ってました?簡単でおいしいレシピ公開

子供のころから料理を作るのが好きだった、ちゅんすけです。

親戚の集まりがあるときには、真っ先に台所に行き『その家独自の料理』の作り方を伝授してもらっていました。

伝授してもらった料理の一つが、『サバ缶を入れたちらし寿司』

高知に住んでいる、料理にうるさい叔母に教えてもらいました。

「ちらし寿司にサバ缶を入れるだけ」でうまみが加わり、1つレベルアップしたちらし寿司が簡単に作れちゃいますよ。

サバ缶ちらし寿司は、友達や親戚の集まりなどの人が集まる場面にぴったり。

僕は、娘の保育園の友達家族の集まりで、サバ缶ちらし寿司を作ったのですが大好評でした。

みんなに何が入っているか言わずに食べてもらって、「えっ、このちらし寿司何が入ってるの?」とおどろかせちゃいましょう。

スポンサーリンク

サバ缶ちらし寿司の作り方

材料(ご飯3合分)

  • サバ缶     1缶
  • 干ししいたけ  適当
  • 人参      2本
  • ごはん     3合
  • 穀物酢
  • ゆず酢(なくても可)
  • 砂糖
  • みりん
  • 濃口しょうゆ

今回はかなりシンプルな材料ですが、こんにゃく、ごぼう、れんこんなどを入れてもおいしいですよ。

1、具を煮る

にんじんはさいの目切り、干ししいたけは水で戻して粗みじん切りにします。

干ししいたけの戻し汁に、

  • 濃口しょうゆ(大さじ3)
  • みりん   (大さじ2)

を入れて、にんじんとしいたけを煮ます

2、合わせ酢を作る

  • 穀物酢 大さじ3
  • ゆず酢 大さじ1
  • 砂糖  大さじ2
  • 塩   小さじ1

を入れて混ぜ合わせます。

ゆず酢がない場合は、穀物酢を大さじ4入れてください。

ゆず酢を入れると、柚子の風味が味全体を引き締めて、高級な味になりますよ。

入れすぎると、あごがしびれるくらい酸っぱくなるので、風味付け程度の量がおすすめです。

そして、今回の主役といってもいい『サバ缶』の登場。

サバ缶は、青森の伊藤食品という会社の『美味しい鯖醤油煮』をつかいました。

鯖に脂がのっていて、手ごろな値段にもかかわらず、かなりおいしいサバ缶でした。

今回は醤油煮を使いましたが、味噌煮もちらし寿司にあいますよ。

どうやってさば缶を使うかというと、合わせ酢に入れて身をほぐします。

身がほろほろになるまで煮込まれてるので、スプーンで簡単にほぐれますよ。

さば煮は細かくほぐしましたが、身の存在感がわかるくらい残しておけば、具の代わりにもなりますよ。

3、ごはんと合わせる

炊き上がったごはんに、①で作った具の汁気をきって入れてよく混ぜます。

次に、合わせ酢を3回くらいに分けて入れて混ぜます。

合わせ酢を入れると、一気に柚子の香りが広がり食欲をそそります。

4、完成

のりやゴマ、錦糸卵などお好みのトッピングをのせたら完成。

まとめ

サバ缶ちらし寿司は、簡単なのにおいしくて、手が込んだ料理に見られるのでおすすめですよ。

急な来客に備えて、とりあえずサバ缶を家にストックしておきましょう。

長期保存できるし、そのまま食べてもおいしいので、買っておいても無駄にはなりませんよ。

ゆず酢を使ってみたいけど、買ってもあまり使う機会がないという人は、柚子の産地で全国的に有名な馬路村が作った寿司酢がおすすめ。

ゆず酢も入っているので、風味がバツグンですよ。

【高知のポン酢おすすめ】実際食べ比べて主婦&主夫が選んだ「鍋に合うおいしいポン酢」はコレだ!

2018.01.30

 

ブログで稼ぎたい人はKUMAPさんのTwitterをフォローだよ!クソババアとの約束だよ!