カレー粉で作るカレーは『カロリーオフ』『洗い物が楽』と超優秀。作り方とおすすめ本を紹介します

どうも、料理担当ちゅんすけ(@tyunduke)です。

突然ですが、カレー粉でカレーを作ったことはありますか?

僕は今年に入って作り始めたんですが、かなりハマっています。

脂が少ないのでカロリーも少ないし、鍋や皿の汚れも流水で落ちるくらい洗いやすいんですよ。

カフェで食べるようにおいしいうえに、後片付けも楽なカレー粉カレー。

おススメポイントと僕も作っているカレーのレシピをざっくり紹介しますよ。

カレー粉で作るカレーって難しくない?

作ったことがないけど難しそうっていうイメージの人や、作ったけどうまくできなかったという人もいるんじゃないでしょうか?

実は、僕も15年前にカレー粉を使ってカレーを使ったんですが大失敗。

野菜と肉を切って煮た後にカレー粉を入れるという、今では考えられない調理法で作ったんですが、もちろんカレーとは程遠い料理ができあがりました。

ちゅんすけ
水とスパイスの味しかしなかった・・・・・

「カレー粉には一切手を出さない」とさえ思わせるほど、トラウマレベルでその味が記憶に刻み込まれてたんですよ。

それ以降、テレビやネットでカレー粉で作るカレーのレシピを見ることはあったんですが、どのレシピを見てもうまく作れる気がしなかったので、カレールーで作ることしかしませんでした。

『カレー粉・スパイスではじめる旨い!家カレー』に出会う

ホフディランって存知ですか?

2人組のバンドなんですが、ヴォーカル・キーボードの小宮山雄飛さんが大のカレー好きなんですよ。

先月には、『踊る!さんま御殿!!』にグルメ芸能人として出演していましたね。

小宮山さんは『カレー粉・スパイスではじめる旨い!家カレー』というレシピ本も出していて、ホフディランが好きな嫁が買っていたんです。

「せっかく買ったんだから見てみよう」と、期待少なめでページをめくってみる・・・・・

ちゅんすけ
これなら作れそうな気がする!

他のレシピ本と何が違って、旨い!家カレーは『おいしく作れるイメージ』ができたんですよ。

カレー粉、玉ねぎ、鶏肉、トマト缶、にんにく、ショウガというシンプルな材料で作れて、手順が簡単でおいしそう。

他のレシピ本だと、あまり使わないようなスパイスを買わされたり、時間や手間がかかったりするものが多かったんですよねぇ。

旨い!家カレーを買って、すぐにカレー粉を使ったカレーを作ってみました。

ちゅんすけ
辛さの層が厚い!ガッツリした肉みたいな具がなくても、ルーだけでご飯がすすむカレーだ。

お店で食べるようカレーが、こんなに手軽に家で作れるなんて・・・・・・・

しかも、驚くべきはカレーのおいしさだけではなかったんです。

カレー粉カレーのメリット

『おいしいカレー』が作れること想定内だったんですが、それ以上にカレー粉カレーにはメリットがあったので、作る頻度がかなり上がりました。

メリット1、とってもヘルシー

カレールーの箱に書かれている、原材料名を見たことがありますか?

原材料名は、含まれているものが多い順に表示されているんですが、なんと我が家にあった印度カレーを見てみると一番最初に表示されているのは豚脂!

スーパーでゴールデンカレー、ディナーカレー、熟カレー、こくまろ、バーモントカレーの原材料名も見たんですが、牛の脂や植物性油といった違いはあるものの、ゴールデンカレー以外は油が1番始めに表示されていました。

ほとんどのカレールーは、脂分が一番含まれるといってもいいということですね。

脂が多いのでカロリーも高くなり、印度カレーの場合100g当たりの533kcalと高カロリー。

一方、カレー粉で作るカレーには、肉を入れる場合は肉から出る脂と玉ねぎを炒めるときの大さじ1程度の油のみで、ほとんど油を使いません。

おまけに小麦粉も一切入れないので、かなりのカロリーオフになります。

メリット2、洗い物が超絶楽になる

カレー作ったとき、後片付けって憂鬱ですよね?

お皿や鍋にへばりついた汚れって、着け置きしないと落ちないし、スポンジに油でギトギトの汚れがつくのもかなりのストレス。

カレーの汚れがしつこいのも、カレールーに大量の脂分が含まれているのが1番の原因。

カレー粉だと脂分がほとんど入ってないので、流水だけでほとんどの汚れが落ちるんですよ。

カレー後の洗い物問題が解決されるだけでも、カレー粉でカレーを作る価値は十分にあると思います。

どうですか?カレー粉でカレーを作りたくなってきましたか?

では、ざっくりと作り方を説明していきますね。

カレー粉でカレーを作ろう

基本のカレーを作る材料は、下記の通り。

●玉ねぎ    ●鶏もも肉     ●トマト缶 ●にんにく ●ショウガ ●カレー粉

トマト缶は、レシピではトマトを丸ごと煮たものを使っていますが、僕はつぶすのがめんどうなのでカットされたものや、ペースト状のものを使っています。

分量は省略させていただきます。

気になる人は、『旨い!家カレー』を買って確認してください。

 

1、材料を準備する

玉ねぎはみじん切り、鶏もも肉は1口大に切って、ショウガ、にんにくはすりおろしてください。

僕は、調理しりながら材料を切ることが多いんですが、カレー粉カレーはあらかじめ切っておくことをおすすめします。

最初に作ったときは、材料を切りながら作ったんですが、スムーズにいかずに焦がしてしまい苦味がでてしまいました。

玉ねぎを炒めるのに時間がかかりそうだったので、炒めながら切ってもいけそうだと思ったんですけどねぇ。

ホールトマトは、固い部分があれば取り除きます。

2、玉ねぎ、にんにく、ショウガを炒める

大さじ1ほど油をしいて、玉ねぎが透明になるまで炒めます。

透明になったら玉ねぎを寄せて、空いたスペースにショウガとにんにくを投入。

生姜とにんにくは、香りがたつまで玉ねぎと混ぜずに、別々で炒めてください。

香りがたったら一緒に混ぜ、玉ねぎが飴色になるまで炒めます。

3、トマト缶、カレー粉を入れる

トマト缶を入れて、トマトをつぶしながら軽く火を通します。

カレー粉を入れてなじませます。

この時点で、カレーの風味が部屋中に広がり完成したように思うんですが、味見してみると全くまとまりがないスパイスの味しかしません。

ちゅんすけ
ここからカレーになっていく過程が、ほんと不思議。

4、鶏もも肉を入れて炒める

肉にスパイスをまとわせるように、しっかりと混ぜてください。

5分ほど炒めたら、こんな感じになりました。

5、水を入れて、蓋をして10分煮込む

水を入れて煮込むことで、味にまとまりをもたせます。

焦げ付くのが心配なので、僕は5分くらいで1度大きく混ぜるようにしています。

6、濃度を調節して、塩で味を決める

火力を見ながら好みの濃度にし、塩を入れます。

ちゅんすけ
塩加減がカレー作りでは1番大事!

今までカレーの味がしなかったのが、塩を入れることで辛さ(塩辛さではなく)がでて、一気にカレーになっていきます。

カレー粉をいくら入れてもカレーにならなかったのに、塩を入れるとカレーらしくなるからほんと不思議です。

むしろ、カレー粉は入れすぎると『苦味』の原因になるので、塩加減で様子をみてください。

塩を入れて味見をしている間も、野菜が煮込まれて甘みもでてきて、味がどんどん変化していきますよ。

7、完成

ケーキ作りに使った生クリームが残っていたので、ちょっとかけてみました。

ココイチで5辛を食べる、辛いもの好きな僕が食べても十分満足できる辛さにもかかわらず、辛いもの耐性がほどほどの嫁も食べれるし、5歳の娘もご飯の量を増やせれば食べれちゃいます。

舌をピリピリ攻撃する辛さではなく、体の中がじわじわあったかくなる辛さで、癖になりますよ。

初めて作った感想

一番めんどくさいと思った作業は玉ねぎのみじん切りで、それ以外は想像以上に簡単に作れました。

火加減はレシピ通りにやると、焦げてしまう可能性もあるので、我が家流の火加減を見つけないといけませんね。

ちゅんすけ
塩加減、煮込み時間といったシンプルな作業で、大きく味が変わるのは驚き。

カレーはスパイスに頼った料理と思っていたんですが、塩加減や煮込んだ野菜のうまみや甘みが重要と、料理の基本に気づかされる料理。

カレー粉カレーを作ってから以降、料理の味付けに対するスタンスが変わり、がっつり調味料だけで味付けすることがなくなりました。

まとめ

おいしいうえに、カロリーオフで後片付けが楽なカレー粉カレーは、ほんとおすすめ。

僕が作った作り方がピンと来なくても、何か別のレシピを見つけて作ってほしいですね。

レシピ本に迷ってる人は、小宮山雄飛さんの『カレー粉・スパイスではじめる旨い!家カレー』は作りやすいので買ってみてください。

基本的なカレーだけでなく、ビーフカレーやキーマカレーなどのカレーのレシピや、カレーチャーハンやカレースパゲティなどアレンジレシピもありますよ。

2017年6月に、新たに『簡単!ヘルシー!まいにちカレー』という本も出してます。

掃除、洗濯、料理、全ての家事が好きな男、ちゅんすけの主夫道

2017.10.15

出産は夫婦関係が試されるとき。出産を1週間前に終えた嫁がいるちゅんすけが語るよ

2017.08.25

【家族移住日記】本山は主夫をダメにする?移住して1カ月。我が家の食卓を紹介します。2017年7月

2017.08.10

夫に家事をやってもらうために必要な妻の心得7つ

2017.05.17