【陣痛レポ】びびってたけど、あっという間!陣痛から3時間で2人目を出産しました。

36才で第2子を出産したちゃちゃこです。

5年ぶりの出産で「陣痛こわいよ~。出産こわいよ~。どうしよう、乗り切れるかなぁ。陣痛いやだなぁ。」とビビっていましたが、案外大丈夫でした。

どんな風に出産がはじまって終わったのか、忘れないうちに振り返ってみようと思います。

ちゃちゃこ
ちょうど3週間前か。。ずいぶん前に思えるなぁ。

スポンサーリンク

出産の3日ほど前からキューっとした痛みがきた

予定日20日前で、出産の3日前の夜中、気づくとお腹に違和感を感じました。

子宮を締め付けるような「キューっとした痛み」がごくごくたまに起きていました。

ちゃちゃこ
これはもしや、産まれる予兆かな?けどまだたいして痛くもないから、大丈夫だろうな。けど、出産が近づいてきているのかも。

と思っていました。

今思うと「前駆陣痛」だったのかもしれませんね。

出産2日前にも、日中もたまーーに起こる、キュー。。

運転が好きな私も「さすがにもう運転できないな」と思い、旦那に運転を任せていました。

出産前日までこの「キュー」はたまーに起きていました。2、3時間に1回というところでしょうか。

茶色のおりものと前日の健診

出産前日、すこーしだけ茶色のおりものがでていました。

今回の出産は、終始おりものが多かったので、あまり気にしていませんでしたが、今思えば「おしるし」だったんですね。

出産前日はちょうど健診があり、「もう産まれそうだから入院しましょうか」と言われるかもと期待していたのですが、「まだ産まれる様子はないですね」と言われて、拍子抜けしました。

その時の、NST(張りや陣痛を測定する機械)をつけたときには、お腹が張ることはなかったんです。

「産まれると思ったんだけど、まだだったかー」とのん気に構えて、健診後はおいしいものを食べまくりました。

ちゃちゃこ
めっちゃお腹すいたー!!

赤ちゃんが下がって胃袋も下がった

健診後は、モリモリおいしい海鮮漬け丼を食べて、デザートにはアイスとクレープを食べました。

それまでは、ごはんを食べたら喉まで戻ってくる感じがしていましたが、この日はどれだけ食べても気持ち悪くなりませんでした。

そして夜はおいしい居酒屋でたらふく食べて、高知市から本山町(車で約1時間)に帰りました。

ちゃちゃこ
今思うと、赤ちゃんが下がって胃がひろがったんだな。

急にきた定期的な痛み【陣痛】

夜の9時ごろ家に着き、お風呂に入って、11時頃に寝始めたのですが、11時半くらいから定期的な痛みが来るようになりました。

生理痛の軽い感じの痛みです。

「あれ?これもしかして?」と思い、陣痛アプリをダウンロードして計ってみると「6分間隔」でした。

夜中12時ごろに旦那を起こして、「とりあえず、病院に電話してみるわ」と言って電話をしました。

「今、陣痛みたいなのが6分間隔くらいできてるんですけど、まだそんなに痛くはないんですけど、、」

と言うと、「急いで来てください」と言われ、30分ほどで準備をして高速を飛ばして病院へ行きました。

そして、病院についたのが1時半頃でした。

いつも間にか破水していた

病院につく頃には、痛さがかなり増していました。

とりあえず、尿意があったのでトイレにいきました。

そして、分娩台にいかされ助産師さんに内診されました。

「あれ?膜がないね。ブチって言った?破水してるかも」と言われました。

「トイレにいったときに、足で蹴られたような感覚がしてブチって言いました」と答えました。

あれが破水だったとは思いませんでしたが、ブチっと言ったのはその時だったので、あれで破水したんですね。

自分ではわからなかったなぁ。

「3cmくらい開いてるね」と言われました。子宮口はこの時点でまだ3cmでした。

陣痛の痛みに耐える

それから、陣痛室で陣痛に耐える用のイスに座って、4分間隔くらいで襲ってくる陣痛に耐えました。

こういうイスですね。1人目のときもこれにお世話になりました。

コードレスのNSTをいつの間にかつけられていたようですが、自分では気づいていませんでした。

痛みがだんだんと強くなってきたので、「くっそーー」と心の中で言いながら痛みに耐えました。

助産師さんに「朝には産まれますかね?」と聞いたら「どうでしょうね」と言われたので、「まだまだかかるのかー」と思っていました。

分娩台に移動

陣痛室で陣痛を4回くらい耐えた頃に、助産師さんに「だいぶ痛いでしょう。分娩台にいこうか」と言われました。

ちゃちゃこ
もう産むの??展開早くね??

と思いながら言うとおりにしました。

そうしたらもう子宮口は全開になっていました。

いきみたくなってきたので、「いきんでいいですか?」と聞くと「まだだめ!」と言われたので、1回は我慢しました。

助産師さんたちが急に慌てはじめて、出産の準備をしていました。

このときに点滴を打つんですよね。1人目のときもそうだったのですが、産まれる間際になって点滴の準備をするようです。ただの感染予防の抗生物質だそうですが、陣痛に耐えながら、腕を動かさずにいるのがつらかったです。

その頃に先生が到着しました。

またいきみたくなった時に、助産師さんが「いきんでいいよー、そのままいきんでねー」と言ったので、「うーーーーーん」といきむとメリメリメリーと産まれてきました。

あっという間の出産でした。

それから先生に裂けたところを縫われました。切ったようにきれいに切れていたので縫いやすかったようです。

そのつづきはこちらの記事に書いています。

産後は何をするでしょう?入院中の出来事を細かく思い出してみます。

2017.08.21

おわりに

11時半に陣痛がはじまって2時半に産まれたスピード出産でした。

こんな記事もあります。

産婦人科が遠い人必見!車中出産しないための心得6つ

2017.08.17

自分でもこんなに早く終わると思っていなかったので、びっくりしました。

出産で一番痛いのは「陣痛」の痛さです。悶絶するほど痛いです。それが何回続くかは人によって違うんですよね。

1、2時間で終わるひともいれば、24時間や48時間続く人もいます。

前の保育園のママたちの飲み会で「出産の思い出」をひとりひとり話したのですが、全員違いましたね。

それぞれに思い出深い出産がありました。

これから出産するかたは、どんな出産になるかわかりませんが、とにかく助産師さんのいうとおりにがんばってください。

こんな記事もあります。

出産がこわいと思うあなたへ。神である助産師さんに任せればどうにかなるからね!

2017.07.28

産まれたときのすっきり感は、10ヶ月の妊娠生活に耐えてきた自分にしかわからない開放感がありますよ。

「とにかく頑張れー」としか言えませんが、これから出産のかたのお役に少しでもたてたら幸いです。

 

関連記事:失敗しない出産準備品!抱っこ紐・ベビーカーなど厳選したものを一挙公開。

葉酸について産婦人科の先生とこんな話をしました。

Amazonがポイントをくれる「ベビー・マタニティスタンプカード」って知ってる?