ウルオススキンウォッシュ(ボディーソープ)でアラフォー男子が顔やカラダを洗ってみた

38歳とアラフォーになってから、急に自分にお金をかける大切さに目覚めました。

 

きっかけを与えてくれたのは、大塚製薬から発売されている薬用スカルプシャンプー『ウルオス(UL-OS)』

今まで、3個100円の石鹸や詰め替えで250円のボディーソープを使っていた僕には、300mlで900円近くもするウルオスは、関係のない商品でした。

 

ドラッグストアで、メンズ化粧品のコーナーがきれいに陳列されていて、「いろいろあっておもしろいなぁ」って見てたらその中にウルオスがあったんです。

「他のボディーソープと何が違うのかな?」と、興味本位で買ってみたんですが

ちゅんすけ
今まで使ってた石鹸やボディーソープとは別物や…

僕は体臭に悩んでいるわけでもなく、おしゃれ意識は高くないのですが、ウルオスにすっかりハマってしまいました。

 

ウルオスを使ったら、今まで体を洗うときにうっすらと感じていた不満が解消されたんです。

体臭を落とす能力より、僕が驚いたのは皮脂汚れを落とす能力の高さ。

背中のブツブツなども対策になるので、女性にもおすすめできるボディーソープですよ。

 

ウルオスのボディーソープを使ってみて、使用感に感動したのでレビューします。

ちゅんすけ
お風呂に入るのが楽しみになりました。

ずっと昔、石橋貴明と岡田准一がCMしてたボディーソープだよ

ウルオスと言えば、石橋貴明と岡田准一がCMしてたなぁとうっすらと記憶に残っていました。

ウルオスブランドは2008年からあるようで、もう発売されて11年にもなるんですね。

発売当初は「へぇ~」くらいにしか思ってなかったのに、まさかこんなに使い心地がいいとは思ってもいませんでした。

 

このCM以降、ウルオスのCMを見てなかったんですが、2019年3月12日にはスキンケアローションが発売され、優香の旦那『青木崇高』が起用さたCMが放送されていたようです。

ウルオス スキンウォッシュの特徴

ウルオスの主な特徴は4つ

①肌を清潔にし体臭汗臭を防ぐ

②泡立ち、泡もちがよく肌に負担がかかりにくい

③顔にも体にも使える

④さっぱりするのに肌はつっぱらない

ウルオスの原材料・成分はコチラ

ウルオスの原材料・成分
シメン‐5‐オール、グリチルリチン酸2K

その他の成分:ラウリン酸、DPG、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、ジステアリン酸グリコール、ラウリルアミノジ酢酸Na液、ヒドロキシエチルセルロース、柿タンニン、グリシン、濃グリセリン、クエン酸Na、硫酸Zn、エデト酸塩、水酸化K、香料、精製水

有効成分は、殺菌剤のシメン-5-オールと、消炎剤のグリチルリチン酸2Kの2つ。

LDKではNGされている成分(肌の刺激になるラウリルアミノジ酢酸Na液という界面活性剤など)が、ウルオスには入っていますが、実際に使ってみるとどうだったのか使用感を書いてみます。

皮脂汚れがめっちゃ落ちる

洗っているときには感じなかったのですが、ウルオスは皮脂汚れを落とす能力がものすごく高いんです。

今まで使っていた石鹸やボディーソープだと、体を拭くためにタオルで擦っているだけで、たまに垢がでてくることがあったんです。

湯舟にしばらく浸かった後に、念入りに体を洗ったときでも、垢がでるときがあるんですよ。

 

「どうやっても洗い残るのか…」と、あきらめていたんですが、ウルオスだと体を拭くときにも垢がでてくることがないんです。

タオルで拭くときの感覚も違っていて、ウルオスで洗った後だと肌にタオルが引っかかる感覚がありません。

 

今までの肌に引っかかっていた感覚は、取り切れなかった皮脂汚れだったのかもしれませんね。

肘や膝、くるぶしのカサカサがなくなった

肘や膝など、体のちょっと尖っている部分がカサカサだったんですが、ウルオスで洗えばそれもなくなりました。

てっきり乾燥しているのかと思ってたんですが、どうやら強力な角質の層ができていたのかもしれません。

 

おかげで、白く粉を拭いていた部分に肌色が戻り、シワシワだったのがツルツルになりました。

お尻のブツブツが取れた

ウルオスを使ったら、ずーっと気になっていたお尻のブツブツも改善されました。

いくら洗ってもお尻のブツブツが取れないから、「体を洗ったくらいではどうにもできないか」と思っていたので、かなりビックリしました。

ちゅんすけ
お尻がツルツルになったよ

お尻のブツブツ対策にもなったので、同じように背中のブツブツに困っている人は、ウルオスで洗ってみるのもおすすめですよ。

夏にウルオスは最高

あまり周りの目を気にしないとはいえ、自分の体がきれいになるのはなんだかいいものです。

初めてウルオスを使った翌日、娘とプールに行ったのですが、泳いでるとき何気なしに自分の体を見てちょっと驚きました。

ちゅんすけ
ん?肌がちょっと白くなってないか?

思っていた以上に今まで肌がくすんでいたのか、肌がクリアになって感覚が快感でした。

肌の露出が増える夏には、ウルオスで体を洗ってみると違った感覚になれるかもしれませんよ。

洗い終わった後のベタベタがなくなった

今まで使っていた石鹸やボディーソープは、洗い終わった後にしつこくゆすいでも、肘や膝の後ろ側や、手の指の付け根に残ったベタベタした感覚が取れませんでした。

ベタベタの原因が分からなかったので、対処できずに困っていたのですが、ウルオスで洗うとこのベタベタもなくなりました。

ちゅんすけ
洗い上りがほんとさっぱり。

泡もち、泡立ちがいい

今までは、ドバっと(ボディーソープだと3プッシュくらい)つけてても泡立ちやもちが悪くて、途中で継ぎ足さないといけませんでした。

ウルオスだと、1プッシュ分くらいの量で泡立ち、継ぎ足すことなく洗い終われました。

ウルオス スキンウォッシュのダメだった点

皮脂汚れが落ちて、爽快感が最高のウルオスですが、ちょっと使ってみて不満だったことも。

それは、刺激が強いということです。

 

『顔も体も、これ1本で」と、書いてあったので顔も洗ってみたんですが…

ちゅんすけ
ほっぺが痛い…

ヒリヒリして、肌のツッパリ感がひどく、僕の顔に使うには刺激が強かったようです。

顔がつっぱるので、洗顔フォーム選びに気をつけているという人は、ウルオスのスキンウォッシュで顔は洗わないほうがよさそうです。

 

あと、基本的に体にはヒリヒリを感じなかったのですが、皮膚の弱い部分などはこすりすぎないほうがよさそう。

 

顔を洗うなら、ウルオスのシリーズから『フェイスウォッシュforスキンケア』がでてるので、そっちを使うのがおすすめです。

created by Rinker
UL・OS(ウル・オス)
¥938 (2019/11/13 18:05:17時点 Amazon調べ-詳細)

スプレータイプで、ふわふわの泡がでてくるんですが、洗うというより泡でパックするという感じ。

それでだけで汚れが取れてるのに、肌がツッパル感じは全くありませんでした。

ウルオスってちょっと高くない?

お手頃価格の石鹸やボディーソープと比べると、ウルオススキンウォッシュの価格は4~5倍くらいしてしまいます。

ただ、ウルオスは少ない量で洗えるし、お尻のブツブツも毎日できるわけじゃないから、週1くらいのご褒美的な使い方をするのもありだと思います。

 

僕は、ウルオスの週1予定だったのですが、物足りなくなって2日に1度になり、最終的にはほぼ毎回ウルオスを使わないと我慢できなくなってしましました。

ちゅんすけ
ウルオスの爽快感を知ってしまうと、ほかのが使えないよ。

ちょっと値段も高いですが、2ヵ月くらい使えて900円くらいなら、そんなに高くないなと思えるくらいの満足感が高いですよ。

JKのニオイになれるとかいうボディーソープ使って喜んでる場合じゃない!

 

あまりにも、僕がウルオスで洗った感想を熱く語るので、嫁も気になって使ったんですが、ブツブツが改善されたと驚いています。

ウルオスは、男性向けとしてのイメージが強いですが、女性の悩みも改善できると思うので、性別関係なく試してほしい商品でした。