吉本ばななエッセイ「切なくそして幸せな、タピオカの夢」がよかったのでレビューします。

こんにちは、心を揺さぶられたい女、ちゃちゃこです。

高校生の時にハマっていた「吉本ばななさん」

 

先日、ふと手に取った2018年7月には発売されたエッセイ「切なくそして幸せな、タピオカの夢」の1ページ目を読んだときに、ひっさしぶりにビビッときた!

いい本だったので、自分の気持ちを残しておきます。

イラストレーターSoupyちゃんと台湾で出した本

この本は台湾で発売された本です。

日本で発売予定はなかったようですが、幻冬舎のかたが日本での発売に尽力されたようです。

 

とってもよみやすいエッセイ本で、10分くらいで読み終わりました。

 

イラストは台湾で人気のSoupyさんというかたが書いています。

 

それもとてもすばらしくて泣けてきます。

吉本ばななさんの文章と重なって、独特の世界観が宙に浮きあがった感じがします。

ばななさんの息子とばななさんのお父さんとの食事の話

このエッセイのテーマは「親子」ですね。

ばななさんの息子さん、ばななさんのお父さんとの食事のことが書かれています。

 

恋人から家族になるということ

こどもが大きくなるということ

家族はいつかバラバラになるということ

 

私の頭の片隅にいつもあるちょっとした覚悟が、このエッセイを読んで刺激されました。

子育てしているといつも「今」が過ぎていく

子育てしているといつも思う

「今はどんどん過ぎていく」と。

 

生まれたての赤ちゃんの時、ハイハイをし始めた時、よちよち歩きをする時、私に抱っこしてせがんでくる時

これはすべて「今」だけのものであってすぐに過ぎ去っていくもの

 

だからといって「さびしい」「かなしい」とは思いたくない。

こどもの成長を否定することになるから。

 

「子供はいつか自分のもとから去っていく」という事実がいつも頭の片隅にある。

 

「ずっとそばにいなくていい、パートナーを見つけて自分の家族をつくっていってほしい」と願ってる。

 

だからこそ、「今」のかわいさが愛おしくてたまらないし、忙しくてうっとおしくなることもあるけど、それすらもキラキラした時間だと思ってる。

 

この本を読むとそういう気持ちが呼び起こされた。

 

家族・食事・親子について「吉本ばなな」の世界にひたって、宙に浮いたような気持ちになった。

吉本ばななの宇宙にいこう

吉本ばななさんは「現実世界からすこし空中へ浮かせてくれる文章を書くかた」です。

現実を少し上から見ると、どんな状況でさえとてもキラキラしていると思わせてくれる。

 

とてもいい本でした。

 

現在吉本ばななさんは月額400円で「noteでメルマガ」をやっているそうです!

吉本ばななさんがnote!!!驚きました。

 

 

【関連記事】【レビュー】家入一真「なめらかなお金がめぐる社会。」を読んだらなぜ今自分がここにいるかわかった。

【関連記事】【名言まとめ】「神さまとのおしゃべり」は現実を変えたい人は読むべき本です。