イヤイヤ期の対処法は、少しの知識と母親のゆとり

ゴールデンウィーク2日目は、ツイッターで知り合った2歳児ママと遊びました!

私より10歳ほど若いのに考え方が似ていて、とても楽しい時間を過ごせました。

そして、4歳ムスメと2歳の女の子が仲良く遊ぶ姿に、ちゃちゃこおかあ感動!!!

ほんの少し前までムスメも話の通じない2歳児だったのになぁと思い、感慨深くなりました。

今になって改めて、イヤイヤ期にどう対処したらいいのかを、今悩んでいるお母さんに届いたらいいなと思ってまとめてみます。

ちゃちゃこ
久々に2歳の女の子と遊んだら、ムスメのその頃を思い出して、懐かしくなったね。かわいかったなぁ、○○ちゃん。
ちゅんすけ
イヤイヤいよったけど、かわいいもんに見えたね。けど、実際ムスメが2歳のとき、おかあはかなり参ってたね。
ちゃちゃこ
ほんと、参ったわ。ムスメに怒る自分が嫌でたまらんかったなぁ。けど、怒るしかないし、ムスメも私もイライラしてたのを思い出す。
ちゅんすけ
「今、大変だから早く帰ってきて」って連絡がくることもあったね。
ちゃちゃこ
そうそう、ひとりではもう無理、、、って思うこともあったわ。そんな時に、どう対処したらいいか一番勉強になったのは、保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」だったわ。
ちゅんすけ
そういえば、その本から学んだことを紙に書いて壁に貼ってたね。。
ちゃちゃこ
忘れっぽいからね。。けど、今はそのとき学んだムスメへの接し方が、だいぶ体に染み込んだ気がする。
この本を読み返したら、今は意識せずに実行できてることが多くてよかった。この本を「子育て家庭の必須の読みもの」にしたら悩むお母さんも減ると思うし、周りの人もあたたかい目で見守れるようになれるのになぁ。

スポンサーリンク

叱ること、しつけ=子育てではない

この本の、最初に書かれていることを抜粋します。

大人の都合のいいようにしつけようといった意図のもとに、子どもの行動にいちいちダメ出しをしていくと、大人のいうことを結果的に聞かなくなるので、かえって大人の気に障る行動が増えてしまうのです。

私が子どもだったらいちいち注意されたら、嫌ですもん。「しつけ」という名のもとに、ダメ出しばかりの支配的な親にはなりたくなりません。

ではどうしたらいいのか。それがわからなくて途方にくれていました。

それが、この本にははっきりと書いてくれていました。

「親子の間の感情の共感性を培い、伸ばしていく『心のパイプ』が大事」

具体的にどういうことかというと、大人の気持ちを伝えるということです。

「ダメっ」「危ないっ」といった制止の言葉ではなく、「そういうことしたらママ困るな」「悲しいな」という気持ちや表情を示す。そして「楽しいね」「嬉しいね」というプラスの感情も伝え、共感し合い、心のパイプをつなげていく。

「大好きなお母さんがしてほしくないと思っているのだ」と子どもが感じて、結果的にそれをしなくなる。

これを読んで、こういう対処法があるんだなぁと驚きました。

私はこれを根気強く続けました。凄く面倒なことでもありましたし、そうできずに、ただ怒ることもありました。なかなかすぐには伝わりませんでしたね。けれども今はムスメと「心のパイプ」がつながったと確信しています。「支配」でもなく「甘やかし」でもなく、「共感」という絆が結ばれていいます。

このとき、忘れてはならない大事なことがふたつあります。

「子どもを信じて待つ」大人が気持ちをのせた言葉を子どもに伝えたら、結果を急いで求めてはなりません。子どもは言葉を理解してそれを行動に反映させるまでに、どうしても時間がかかってしまうものなのです。それを待てないで言葉でたたみかけてしまうと過干渉を招いてしまいます。

「認める」じっと見守っているうちに子どもがそれを理解でき、その行動をやめたとしたら、しっかり認めて「ちゃんとわかってくれてありがとう」とというフィードバックを与えていく。

まず一つめの「待つ」という行動。

はっきり言ってそれが一番難しい。母親自身が「待つ」というゆとりを持つことが本当に大変なことですよね。

保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」 (PHP文庫)

須賀 義一 PHP研究所 2015-01-07
売り上げランキング : 3311

by ヨメレバ

 

お母さんのケアが一番大事

ちゃちゃこ
2歳児ママが言よったね。子育てで一番大事なのはお母さんのケアって。
ちゅんすけ
子どもへの影響力が一番あるのは、母親やもんね。それをケアするのが父親の大きな役割やと思っています。仕事で帰りが遅くて子どもに直接会って子育てに協力できなくても、お母さんの話を聞いたりすることも、子育てにつながるということを知ってほしいな。
ちゃちゃこ
おとうにも助けてもらったけど、ムスメが2歳のときには、悩んだ末に保育園を転園したんだよね。そして、そこで出会った保育園の先生に本当に助けてもらった。
ちゅんすけ
保育園をかわってから、ムスメのイヤイヤも急激にましになったね。
ちゃちゃこ
この本にも書いてあるけど、子どもを「受容」してくれる保育園に出会えてよかった。そして母親の私自身のことも受けとめてくれた。本当に救われたわ。
ちゅんすけ
母親にゆとりがうまれたら、子どもへの接し方が一気に変わるよね。やっぱり子育てでは母親のケアが一番大事やね。
ちゃちゃこ
母親の精神状態がよければ、イヤイヤ期も乗り越えられるよね。それに対して周りは子育ての仕方に口を出すんじゃなくて、母親の気持ちを受け止めてほしいな。私自身、そういう人になりたい。

大事なことさえ押さえておけば、小さなことは気にならない

ちゃちゃこ
例えば子育てに関しては、親と子どもの「心のパイプ」さえできていれば、小さなことを気にする必要がなくなる。
ちゅんすけ
子育てに迷ってたり、悩んでたら小さなことが気になって仕方なくて余計イライラするんだよね。「大事なことさえ押さえておけば大丈夫」という自信があれば、イライラすることも劇的に減る。
ちゃちゃこ
2歳児ママをみてて、子どもに注意したり口出しすることが少なくて、本当にいいなと思った。
かき氷を一緒に食べたんやけど、洋服をどろどろに汚しながら食べても、注意せずに好きなようにさせてた。「着替えある?」って聞いたら「ないけど、帰ったらすぐお風呂に入るから大丈夫!」って言っててすがすがしかったなぁ。イヤイヤ期で大変って言ってたけど、あの明るさと子どもを信じる力があれば、あっという間に乗り越えられそう。
ちゅんすけ
お母さんがイライラしてないっていうのは子どもにとって凄くいいよね。ストレスを感じてたら子どもにも伝わって萎縮してしまう。子どもは親のことをよくみてるから、口に出さなくても多くのことを学んでいるよ。
ちゃちゃこ
「ありがとうは?」とか「ごめんなさいは?」とか言わせる親が多いけど、家庭で自然につかってたら、子どもも自然と使うようになる。親自身が普段言ってないのに、子どもにだけ言わせようと思っても無理。
ちゅんすけ
「ありがとう」とかが言えないのも、ただ恥ずかしいだけということが多いから、子どもに言わそうとせずに、そのときは親が言えばいいよね。

イヤイヤ期はやり過ごすしかない

この本の最後のほうに、以下のようにあります。

イヤイヤ期の頃、子どもによってはその対応はものすごく大変です。ただでさえ大変なのに、そこで「○○してはならない」や「○○すべき」というさまざまな制約をつけてしまったら、どうでしょう?

子育てを投げ出したくもなります。投げ出せる人ならば実はいいのかもしれません。真面目な人はそれで気に病むあまり、育児ノイローゼや虐待になったり、自己の自信喪失につながってしまったり、ーーー中略ーーー

そんな風になってしまうくらいならば、子育ての本当に大変な時期や、一筋縄ではいかないときなど、とりあえずある意味では子育ての手抜きをして「乗り切ってしまう」ということがあってもいいと思うのです。

私自身も「寝る前には絶対歯磨きをしなくちゃいけない」「10時までにはぐっすり眠らせないといけない」などを毎日絶対に守らなければいけないと思えば思うほど、イライラが募るばかりでした。

「多少は適当でいいじゃない!」と開き直ってから楽になりました。

世間で言われているいいとされていることよりも大切なのは、「母親がストレスを感じすぎないこと」です。

イヤイヤ期は本当に大変で、母親として大きな壁にぶつかるときですが、自分を責めずになんとかやり過ごしましょう!

まとめ

ちゃちゃこ
2歳の○○ちゃんと遊んでどうだった?
ムスメ4歳
今、真剣やき!ちょっと待って!待ってたら教えてあげるから!

遊びに忙しいムスメ、しばし待つ。

 

ムスメ4歳
○○ちゃんと遊ぶの楽しかった~。
ちゃちゃこ
一緒に仲良く遊べよったね。○○ちゃんの「おねえちゃん、まってー」っていうのがかわいかったね。どんな気持ちやった?
ムスメ4歳
恥ずかしかった。。。
ちゃちゃこ
ムスメも、あんなにかわいい2才の頃があったけど覚えてる?
ムスメ4歳
覚えてる!
ちゃちゃこ
何を覚えてる?
ムスメ4歳
忘れた~。
ちゃちゃこ
忘れてるやんか!!

あんなに大変だったことも、ムスメはすっかり忘れています。

けれど、あの頃があったから今大人の話が聞ける、自分の言いたいことが言える「心のパイプ」ができました。

とても大変な時期ですが、そのときに子どもを受けとめられたら、意思の疎通ができる親子になれますよ。

保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」 (PHP文庫)

須賀 義一 PHP研究所 2015-01-07
売り上げランキング : 3311

by ヨメレバ

 

保育士おとーちゃんの「心がラクになる子育て」 (PHP文庫)

須賀 義一 PHP研究所 2016-01-04
売り上げランキング : 7762

by ヨメレバ

 

イヤイヤ期は「ただのお世話」から「人間を育てることの難しさ」を味わう期間

2017.08.10

激カワのレミンちゃんとソランちゃん口コミ!ディズニーコラボ人形にメルぽぽは勝てるのかな?

2017.08.03

プリキュアアラモードのおもちゃまとめ30選+キュアショコラプリコーデドールはあるのか?

2017.08.01

2児の母おすすめ!指先をつかうおすすめの「知育玩具」10選

2017.07.27