6才の娘とのカードゲームおすすめ『ドブル・キッズ』レビュー。早いと1分半で終わるから最高!

こどもとの遊びに苦戦している親御さんがた、こんにちは!

5、6才のこどもと遊ぶのって結構大変ですよね!

トランプができるようになったので、7ならべやババ抜きをしていましたが飽きました。

 

「カードゲームかボードゲームを買おう!」と思ったのですが、どれがいいのかさっぱりわからなかったので、ツイッターで聞いてみると、

たくさんの人が教えてくれました!

 

その中で一番ピンときた「ドブル」を買ってみました。

それがなかなか良かった!

何が良かったって、、、

『早ければ1分半で1ゲームが終わるところ』です。

ぐだぐだ30分くらいかかるより、1分で終わる遊びを30回したほうが私は楽ですね!

というわけで、ドブルがどんなカードゲームだったのかをお伝えします。

ドブルは単純なカードゲーム

ドブルは30枚のカードで遊ぶゲームです。

『ドブル・キッズ』は動物の絵が描かれています。(普通のドブルにはモノが書かれています)

そのカードにはひとつだけ同じ動物が描かれています。

ちゃちゃこ
どうして1枚ずつ違う動物が書かれてるのに同じ動物は必ずひとつになるのかはわからない!これはけっこうすごいことらしい!

このカードだとカルガモですね。

このカードだとヘビです。

この共通する動物を探して遊ぶゲームです。

自分が持っているカードと共通の動物を探す

ドブルはいくつかの遊び方がありますが、どれも基本的に同じ動物を早く探したほうが勝ちです。

ひとりに1枚カードを配り、真ん中に置いたカードと同じ動物を探して動物の名前を言いながらカードをとっていくゲーム。

カードが多かったほうが勝ちです。

1枚ずつ手に持っていると仮定して、右の人はふくろうが同じなので「ふくろう!」と言いながら真ん中のカードをとります。

次々とカードをとっていきます。

そしてカードが多かった人が勝ちです。

なんとまあ、あっという間に終わるゲームなんでしょう!

素晴らしい!

ちゃちゃこ
わかりやすいから誰でもすぐできるよ!

それのまた逆で、カードを人数分にわけて、真ん中に1枚カードを置いて、そのカードと同じ動物を言いながら「自分の持っているカードが早くなくなったほうが勝ち」というのもやりました。

なんとまあ、あっという間に終わる上に、頭を使った感じがして大満足!

娘も楽しんでいました。

こんな感じです。

途中息子の邪魔が入ってますが、6才の娘はちゃんと同じ動物をみつけられています。

こどもの最初のカードの枚数は大人より少し少なめにしたほうがフェアかもしれません。

この遊びだと、1分半くらいで終了しました!

え!まじすげー!1分半でこんなに楽しめるなんて!

さいこーだよ、ドブル!

大人用のドブルはこちら

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥1,420 (2019/05/24 16:49:16時点 Amazon調べ-詳細)

こども用のドブルはこちら

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥1,420 (2019/05/24 16:49:17時点 Amazon調べ-詳細)

ほかにもおすすめのカードゲームやボードゲーム

Twitterではいろんなコメントをくれました!ありがたい!

多かったのは「なんじゃもんじゃ、ドンジャラ、人生ゲーム」などでしたね。

私が特に気になったのはこちら

ワードバスケット

created by Rinker
幻冬舎エデュケーション
¥1,382 (2019/05/24 16:49:17時点 Amazon調べ-詳細)

コリドール・キッズ

おばけキャッチ

created by Rinker
メビウス/ツォッホ
¥1,450 (2019/05/24 16:49:18時点 Amazon調べ-詳細)

ドブルに飽きたら次はこの辺を買ってみようと思っています。

室内遊びについての記事はおりがみだけでできる!室内遊びにぴったりな「自作かるた」6才の娘の作品を紹介します。や、子どもと室内遊びおすすめは、新聞で「の」を探させよう!も読んでみてくださいね!