知育ブロック「ジスター(GESTAR)」の作り方。大人もたのしめるおもちゃでした。

どうも、2児の母ちゃちゃこです。

これ、みたことありますか?私は初めて知りました。

GESTAR(ジスター)というおもちゃです。

最初は「なんだこれ?どうやって遊ぶんだ?」と思ったのですが、想像以上に面白くて、遊びがいのあるおもちゃでした。

あまり知られていないと思うのですが、もっと多くの人に遊んで楽しんでもらいたい!!

子どもがいる方はぜひ読んでいってください。

ジスターの特徴

GESTER(ジスター)はレゴやラキューのような、ピースをつなげて作品が作れるブロック系のおもちゃです。

2017年8月に、愛知県の会社から発売されました。

500枚のカラフルなお花のようなかたちのピースが入っています。

大きさは500円玉より少し大きいくらいですね。

溝の部分と溝の部分を連結させて、いろんなものを作ります。

500枚入ったバケツ型のケースは、ティッシュよりも小さく、かさばらないので収納スペースに困りません。

色は全部で13色。

「なめても大丈夫な素材」でつくられています。

では、GESTERはどんな風に遊べるのか?

5才娘とわたしたち夫婦はこんな風に遊んでみました。

説明書が薄いので、不安になったけど、、

商品を開けて、説明書をみてみると、めっちゃ薄いー!

ラキューはものすごく分厚くて、細かく作り方が書いてあるので「このペラペラの説明書でちゃんと作品はつくれるのか?」と思ったのですが、、、、

GESTARは、「設計図なしでも、感覚で作品がつくれるおもちゃ」でした。

旦那が最初につくったのは、ロボット。

5歳児ですら、なんとなくつなげただけで、こんなものができました。すみっこ暮らしのお家だそうです。

娘はその後、たくさんの輪っかをつくっていました。ブレスレット屋さんだそうです。

その後、旦那はカニも作っていました。

私が作ったのは絵本の中のバムとケロ。

ちゅんすけ
設計図がない分、想像力が必要だから前頭葉が刺激されて、なんだか頭が良くなっている気がする。
ちゃちゃこ
なんとなくつなげていくだけで、だんだんと何かに見えてきて、形になっていくところが楽しいーー!!

ピースをつなげる時に少し力がいるから、5歳児からがちょうどいい

ピースをつなげるときに、しっかりとつなげるには少し力が必要。

中途半端だと外れてしまいます。

5才2ヵ月の娘はちゃんとつなげることができましたが、4才だと少し難しいかもしれませんね。

対象年齢通り、5才から遊ぶのにちょうどいいおもちゃです。

大人も楽しめる

何気なく遊びはじめると楽しくて、大人もハマってしまうおもちゃです。

大人がいろんな形をつくっているところをみて、子どもも真似していろいろ作りだします。

YouTubeでは、作り方を解説した動画もありますよ。

数が多いから大作がつくれる

GESTARは1箱で500ピースが入っているので、買い足さなくても大作が作れます。

もっともっと大きいのが作りたいと思ったら、もう一つ買えばいいですね。

3人で作っていても、パーツが足りなくなることはなく、同時にいくつもの作品を作ることができました。

娘と私が一緒につくった「車」です。

結構大きいものができるので、達成感を得られます。

ムスメ
すごいのができたねぇ!

色をわけて並べて、おはじきとしても遊べる

娘が何気なくやっていたのですが、色をわけて並べていました。

おはじきのようにも使えますし、ごっこ遊びのお金としても使えます。

重ねて遊んだりもできますね。

つなげて遊ぶ以外のことにも使えるおもちゃです。

ジスターの他にもいいところ

・自立して立たせることができる(ロボットやカニのように足部分にふたつのピースを斜めに差すと立ちます)

・パーツが大きいので、なくしづらくて誤飲しにくい

・すべて同じパーツなので、足りなくなったり、わける必要がない

・1890円と家計に優しい

・踏んでも痛くない(レゴはまきびしだよね)

ジスターは想像以上に楽しめるおもちゃ

このGESTARは、想像以上にとても楽しくて面白いおもちゃでした。

ムスメ
おとう、おかあ、これで遊ぼー!!
ちゅんすけ
よーし!またロボットつーくろ!
ちゃちゃこ
お花いっぱいつくろうっと!

家族みんなで楽しめるおもちゃはありがたいですね。Amazonで販売しているので、興味がわいたかたはぜひ遊んでみてください↓↓

この記事は株式会社GNOとのスポンサードコンテンツです。

お皿に絵を書ける「らくやきマーカー」が面白いので、子どもからのプレゼントに最適です。

2017.09.28

子どもと室内遊びおすすめは、新聞で「の」を探させよう!

2017.05.05