【和歌山】ポルトヨーロッパには何があるの?写真付きで紹介します。

2歳の息子と6歳の娘を連れての家族旅行で、和歌山市にある『ポルトヨーロッパ』という施設に行きました。

ポルトヨーロッパは和歌山市の南西の端っこにあり、いろんなテーマパークが集まった和歌山マリーナシティのなかの1つなんですが…

ちゅんすけ
ポルトヨーロッパってなに??

ネットで探してもポルトヨーロッパの情報が少なく、公式ページを見てもどんな施設かはっきりわからなかったんですが行ってみました。

 

「ポルトヨーロッパが気になるけど何があるかわからない」という人は、ポルトヨーロッパで遊んだ感想やどんな乗り物があるかなどを書くので参考にしてみてくださいね。

ポルトヨーロッパってどんな施設?

ポルトヨーロッパは、ヨーロッパの街並を本格的に再現したテーマパーク。

ジェットコースターやメリーゴーランドなど、遊園地の定番アトラクションから花火ショー、お子さま大喜びのキャラクターショーなど見どころ満載!

引用:公式ページより

ポルトヨーロッパの入園料は?

ポルトヨーロッパは、イルミネーションイベントなどの特別催事の時以外は、入園料無料です。

車で行く場合は、駐車場料金の1200円(特別指定日は1500円)が、実質入園するのにかかる料金ってところですね。

 

この駐車場料金についても、ちょっと安くできる方法もあるので最後に書いておきます。

ポルトヨーロッパのフリーパスはいくら?

20種類以上のアトラクションが遊び放題の、スタンダードパス(フリーパス)は

大人(中学生以上):3800円

小人(3歳以上):3200円

ポルトヨーロッパ フリーパス画像
ちゅんすけ
う~ん、結構高いなぁ。

ちょっとしたアミューズメント施設の、入園料込みのフリーパスくらいの値段がしちゃいますね。

コンビニなどで、前売り券を買えば少し安いんですが、大人200円小人100円くらいしか変わりません。

ポルトヨーロッパにはどんなアトラクションがあるの?

では、ポルトヨーロッパはフリーパスを買ったほうがいいのかも含め、どんな乗り物があるのか紹介します。

ウォーターショット 300円

一番楽しかったのが、ウォーターショット。

ポルトヨーロッパ ウォーターショット画像

大人でも楽しめるウォーターショット

レールの上をゆっくり走る乗り物に乗り、ボタンを押すと水が出るウォーターガンで、的を撃っていくアトラクションです。

僕と6歳の娘が一緒に乗ったんですが、娘だけでなく大人も楽しめるアトラクションでした。

ハニーハッチ 400円

ハニーハッチは、ハチに乗ってクルクル回りながら空をかけるアトラクション。

ポルトヨーロッパ ハニーハッチ画像

意外と迫力あるハニーハッチ

嫁と娘がハニーハッチに乗りました。

全体が回転するだけでなく、1つのブロックごとにも回転するので迫力があったようです。

アンパンマンハッピースカイ 400円

小さい子どもが乗るのにちょうどいいのが、アンパンマンのキャラの小さい観覧車『アンパンマンハッピースカイ』

ポルトヨーロッパ アンパンマンハッピースカイ画像

アンパンマンに乗れるし、いい感じの高さまで上がるし、ほんとちょうど良さが満載のアトラクションですね。

子連れには絶好の写真スポットでもあります。

ハイダイブ 700円

ポルトヨーロッパの特徴的な乗り物なのが『ハイダイブ』

ポルトヨーロッパ ハイダイブ画像

怖そうだけど乗ってみたい

ヨーロッパの建物を使ったウォーターライドで、最後は22mの落差を一気にダイブします。

パインスター 600円

パインスターは、小さい子ども(4歳以上なら保護者同伴で乗れます)でも乗りやすいジェットコースター。

ポルトヨーロッパ パインスター画像

ちょうどいい疾走感

子どももちょっとしたスリルが楽しいこともあるので、パインスターくらいがいい感じで楽しめますね。

ウェーブスインガー 500円

ポルトヨーロッパ ウェーブスインガー画像

ぶら下がったブランコにより、回転するアトラクションですね。

高さは地上12m。

カフェシナモン 300円

ポルトヨーロッパ カフェシナモン画像

ポルトヨーロッパのコーヒーカップは、シナモンをモチーフにしたかわいい乗り物でした。

アストロファイター 400円

ポルトヨーロッパ アストロファイター画像

戦闘機にのって、アップダウンを繰り返しながら回転するアトラクション。

迷路、アスレチック 600円

入り口付近にアスレチックがあって、「おおっ、もしかしてこんなのが無料で遊べるの?」と期待したのですが、ちゃんとした有料のアトラクションでした。

ポルトヨーロッパ 迷路画像

この周辺には、迷路やアスレティックなどが4種類ありました。

メリーゴーランド 400円

ポルトヨーロッパ メリーゴーランド画像

WAKKA 600円

和歌浦の海を一望できる観覧車です。

ポルトヨーロッパ WAKKA画像

シースルーゴンドラもあるようです。

アドベンチャーキッズランド 600円

1日過ごせそうなのが『アドベンチャーキッズランド』

大型ショッピングセンターなどのゲームセンターにある『60分600円』といった、アスレティックやおもちゃがいっぱいある施設ですね。

アドベンチャーキッズランドは600円で遊び放題。

『冒険ジャングルエリア』『冒険サバンナエリア』『巨大ボールプールエリア』の3つのエリアがあり、ほかの施設にはないようなアトラクションがあっておもしろそうです。

リフレッシュコーナーには、マッサージ機などがあるようで、うまくいけば大人の体力を回復させることもできそうです。

写真に撮れなかったポルトヨーロッパのアトラクション

他にあるアトラクションは

  • いわゆるバイキング『ツインドラゴン』
  • ゾウの背中に乗って回転する『アラビアンメリー』
  • 動物の乗り物に乗ってレールの上を走る『アニマルランド』
  • 立体映像に体感性をプラスした4Dアトラクション『4Dギミックシアター』

アトラクションの利用条件などは、ポルトヨーロッパのホームページで確認してください。

ポルトヨーロッパアトラクション一覧

ポルトヨーロッパはフリーパスは買ったほうがいい?

結論から言うと、ポルトヨーロッパはフリーパスを買わなくてもいいと思います。

いい感じのアトラクションがいくつかあるし、普通に料金を払うとちょっと高いのでフリーパスが魅力的に見えますが、大人3800円小人3200円は高いですね。

 

我が家は、次の予定があって滞在時間が2時間という制限もありましたが、1400円しか使いませんでした。

がっつり遊ぶ予定だった場合でも、「元が取れないからもっと乗りや」と、急かしてなんとかフリーパスの値段を乗れる感じになりそうです。

 

コレくらいの値段なら、もっとアトラクションに力を入れているテーマパークで、フリーパスを買ったほうがコスパがよさそう。

無料の遊具でちょっと満たされます

アンパンマンハッピースカイのすぐ横には、すべり台(もちろん無料)がありました。

ポルトヨーロッパ すべり台画像

テンション上がるすべり台

滑るのはもちろんですが、登るのも楽しめるすべり台で、子どもの遊びたい気持ちをほどよく満たすのにぴったりでした。

「フリーパス買ったのに無料の遊具で遊ぶんかい!!」っていう状況に、何人もの親がおちいってそうです。

ポルトヨーロッパ 場所

〒641-0014

和歌山県和歌山市毛見1527

地図

ポルトヨーロッパ 営業時間 休園日

ポルトヨーロッパの営業時間や休園日は、イレギュラーなのでホームページで確認して行ったほうが確実です。

ポルトヨーロッパ営業時間
休園日を確認する

夏の連休などは、夜9時まで営業していたりするので、遅くまで遊ぶにはぴったりですね。

夜9時まで営業している場合は、夕方6時以降に安く買うことができるフリーパス『トワイライトパス』を買えば、お得に遊べますよ。

トワイライトパスは大人2000円小人1700円なので、3時間乗り放題でこれくらいの価格ならちょうどいいかなと思えます。

ポルトヨーロッパの周辺に安い駐車場ないの?

我が家は旅行モードだったので、見知らぬ土地で安い駐車場を探すにならず、ポルトヨーロッパの駐車場にとめたんですが、1200円って地味に痛いですね。

前もって調べて行けばよかったんですが、まさかこれほど駐車料金を取られると思ってなかったのでノーマークでした。

ちゅんすけ
都会のテーマパークの駐車料金怖い…

 

あらためて調べてみると、近隣に『県営公共マリーナ駐車場』があったり、同じマリーナシティ内の飲食エリア『黒潮市場』で食事をすれば、その内容によって1時間や2時間駐車料金が無料になる駐車場もありました。

お出かけあるくこ』というブログに、駐車料金や無料になる条件などが詳しく書かれていたので参考にしてみてください。

ポルトヨーロッパは少し遊ぶのにちょうどいい

ポルトヨーロッパは、がっつり半日遊んだりするのは時間を持て余しそうですが、2,3時間遊ぶのにちょうどいい感じでした。

ちゅんすけ
アドベンチャーキッズランドがコスパ良さそう。

 

次行く機会があれば、駐車料金をもっと安くあげたいな。