甘酒を炭酸で割る!?いろんなアレンジをして甘酒ダイエットに挑戦するぞぉ!

どうも、産後の食欲旺盛期間に入っているちゃちゃこです。

授乳しているからか、食欲の秋だからか、食いしん坊だからか、甘いものが食べたくてしかたありません。

妊娠中から「産んだらダイエットするぞぉ!」と勇んでいたのですが、まだ実行に移せていません。

やべぇやべぇ、今やらなきゃほんとにやべぇです!!

友達が出産祝いに「てづくり甘酒」を贈ってくれました。

友達が出産祝いに「飲む点滴」と言われている「甘酒」をてづくりして贈ってくれました。

甘酒はアルコールが入ってるんじゃないの?と思ったかたもいるかもしれませんが、甘酒には

①酒粕と砂糖と水を煮溶かしてつくった「甘酒」
②米麹とお粥と水で発酵させてつくった「甘酒」

の2種類があります。

友達が送ってくれたのはもちろん②のアルコールの入っていない甘酒です。

ちなみに友達に確認したら「水」はいれていないそうで「お粥と米麹」だけでつくったそうです。

炊飯器で発酵させるそうですよ。

米麹の甘酒がダイエットにいい理由

米麹の甘酒は「砂糖が入っていない」のにもかかわらず、かなり甘いです。

甘いものが食べたくなったときに、かわりに「甘酒」を飲む置き換えダイエットに最適です。

そしてこの甘酒には

①炭水化物の糖質をエネルギーに変える、ビタミンB群が豊富。
②脂肪分を消化してエネルギーに変える、酵素が豊富。
③脂質代謝を促す、必須アミノ酸が豊富。
④腸内環境を整える、乳酸菌が豊富。

とにかく、体にいいものが豊富なんです!!

ちなみに甘酒のカロリーは100gあたり81カロリー。ちなみにご飯は100gあたり167カロリーなので、甘さの割にはかなり低いですね。

満腹感も高いので、甘酒はダイエットに向いているといえます。

アレンジがしやすい甘酒

甘酒はそのまま飲んでも水や牛乳で割っても、かなり甘いので、毎日飲んでいると飽きてきてしまいます。

しかし、甘酒はなんにでも合う「アレンジしやすい飲みもの」です。

野菜や果物のジュースやココアにも合うそうです。

甘酒+炭酸+すだち果汁

我が家は冷蔵庫にたまたまあった「炭酸」と「すだち果汁」で割ってみました!

つくり方は簡単。

①甘酒と炭酸を半分くらいずつ入れる。

②よく混ぜる。

③すだちを絞ってまぜる。

さてお味のほどは、、、、

ちゃちゃこ
さっぱりした甘さになって、炭酸のシュワシュワがのどごしがやくて、すだちがさわやかでめちゃくちゃうまーーい!!

みなさん、どんな味か想像できないでしょうが、本当においしいのでぜひ試してみてください!すだちじゃなくてレモンやゆずなどでもOKですよ!

甘酒+緑茶

お次はあったかい飲みものでいってみましょう。

①甘酒をレンジであたためる。

②淹れたての緑茶をそそいで、よく混ぜる。

さて、こちらのお味は、、、

ちゃちゃこ
なんとも複雑なあじー!緑茶の苦味が効いていて、甘酒の甘さに合う。冬に飲むとより美味しいだろうな。

今回は、甘酒と緑茶を半分づつくらいにしましたが、緑茶に少し混ぜるくらいがちょうどいいかもしれません。

甘酒はこれからの季節にぴったり!

というわけで、一風変わった甘酒のレシピを紹介しました。これからもいろんなアレンジに挑戦しようと思います。

甘いものが食べたくなったら、体にいい甘酒を飲んで少しでもダイエットしたい!

そして、甘酒は母乳製造にとてもよさそうですよね。

友達からもらった甘酒がなくなったので、自分でつくるか買うしかない!

ちなみにこの間、嶺北に遊びに来てくれたルリ子さんから新潟土産でいただいたこちらの甘酒も美味しかったです。

品揃え日本一 糀の甘酒専門店『古町糀製造所』



品揃え豊富!!ほうじ茶味もありますね。家でもやってみよう!

ちなみにこの中にある「神社エール」は高知の生姜をつかった甘酒です。不思議な縁ですね。

自分でつくるならこのレシピがよさそうですね。

本当に甘酒でダイエットできるのか、今後また報告したいと思います。

さすがに甘酒だけではなかなか効果がでないと思うので、家に転がっているトランポリンで「トランポリンダイエット」にも挑戦していきます。

甘酒+トランポリンでどこまでいけるか!!乞うご期待!!

酒を飲まないのにγ-GTP238だったボクが、1/3にまで数値を下げた方法をお伝えします。

2017.09.13

γ-GTPが高いのは先天的な問題なのか。遺伝子検査を受けてみたので、結果を公表します。

2017.05.30