夏に産まれる赤ちゃん準備品【服・衣類】を体験をもとに書きます。

どうも、8月15日に息子を産んだ、ちゃちゃこです。

夏生まれって何を着せるかとても悩みますよね。。

ということで、実際に産まれてから一体何を着せたのか!!

体験をもとに、書いてみますね~!

スポンサーリンク

地域によって必要な服がかわります!

8月15日に出産し、退院したのは5日後。

私が住む四国の真ん中本山町は、9月に入るとぐっと気温が下がりました。

夏といっても、地域によって全く違います!!!

夏が長い地域の人は、「肌着&半袖の服」が必要です。

夏が短い地域の人は、「肌着&長袖の服」だけで十分です。(半袖の服は1枚くらいでもいいくらい)

肌着にもいろいろあるので、解説します。

短肌着

上半身までの短い肌着です。

こういうのですね。

長肌着

足までの長さの肌着です。

コンビ肌着

足を分かれて着せるタイプの肌着です。

 

この3種類の中で、夏生まれの子におすすめなのは「コンビ肌着」です!!

暑い日は、このコンビ肌着のままでいられますし、寒くなってきたら、この上に長袖の服を着せればいいですよ!!!

半袖の服

こちらのドレスオールは赤ちゃんの足まで隠れる服ですね。

こういうのを探しましたが、なかなか半袖のがないんですよね。新生児用ではなく60cmのサイズから探して3着ほど買いましたが、1ヵ月くらいしか着ませんでした。。。

すぐに寒くなる地域の人は、1ヶ月間はほとんど外出することはほとんどないので、1枚あれば十分かもしれませんね。

暑い地域の人は、これを3着くらい準備しておけばいいでしょう。

長袖の服

寒い地域の人は、9月くらいから長袖の服が必要になってきます。

しかし!それも2ヵ月くらいしか着ません。

こういうのですね。

更に寒くなってくると、長袖で暖かい服がほしくなってきます。

我が家は赤ちゃん本舗のこの服が、手触りがよくて赤ちゃんが動きやすいということで、とても気に入っています。色違いで2着買いました。

長袖カバーオール 動きやすい ボーダーグリーン

一番長い間着れるのが、温かい長袖の服です。

12月~3月くらいまで着れますね。こういう服を5着くらい買い足しました。

結局何を買えばいい??

夏生まれといっても、地域によって着せるものが違いますね!

暑い地域の人

・コンビ肌着5着

・短い服3着

・長い服1着(うでをまくって着させてもよし)

寒い地域の人

・コンビ肌着5着

・短い服1着

・長い服2着

寒くなってきたら買い足しましょう!

おすすめのお店

赤ちゃん本舗

赤ちゃん本舗の服は、機能と手触りがとてもいいです。とても気に入っています。

実店舗で買うのはもちろん、ネットでも買えますよ。

赤ちゃん本舗のおしりふきはとても使いやすくかなり人気です。一緒に購入してもいいですね。

↓↓↓↓

アカチャンホンポ

セレモニードレスが安いエリカランド

こちらのサイトはセレモニードレスが2000円くらいであります。

↓↓↓↓

昔ながらの抱っこ紐も1000円くらいであります。品ぞろえがおもしろいのでぜひみてください。

安くておすすめのベビーカーはどれだ!2万円以下で新生児からつかえるものを探してみました。

2018.01.10

【ママ必読】エルゴオムニ360抱っこ紐を試した口コミ決定版!

2017.11.21

スポンサーリンク

【口コミ】電子レンジ用ほ乳びん消毒器「レック Dream Collection 」をレビューします。

2017.10.02

出産予定のお母さん必見。超役立つプレママBOXが実質無料でもらえるキャンペーンやってるよ

2017.09.26

ブログで稼ぎたい人はKUMAPさんのTwitterをフォローだよ!クソババアとの約束だよ!