【メラノCC Men美容液 感想】たるみ毛穴対策に使えそう

シミ、毛穴の開き対策ができる美容液メラノCC Men

40歳超えたことろから、シミが少しずつ目立ってきて気になり始めたので、シミ対策の美容液ロート製薬の『メラノCC Men』を買ってみました。

メラノCC Men 画像
メラノCC Men 特徴
メラニン生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

ニキビを防ぐ

1本で約半年も使える高いコスパ

メラノCCの美容液は、SNSでも度々バズっているスキンケア用品で、男性向けに発売されたのが『メラノCC Men』です。

いままで使ったスキンケア用品で、ビタミンCに特化したものを使ったことがないので、かなり期待をして買ってみました。

42歳の目元のシミが気になり始めた男性が、メラノCC Menを実際に使ってみて感じたことを書いてみたいと思います。

ちゅんすけ
シミ対策で買ったのに、まさかたるみ対策になるとは…

メラノCC Men 成分

ロート メラノCC Men 成分
【有効成分】アスコルビン酸(活性型ビタミンC)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、サリチル酸、イソプロピルメチルフェノール
【その他成分】ビタミンCテトライソパルミテート、ビタミンE、アルピニアカツマダイ種子エキス、セリン、BG、1,3-プロパンジオール、3-メチル-1,3-ブタンジオール、PG、PEG-8、DPG、無水エタノール、ピロ亜硫酸Na、POE水添ヒマシ油、香料

内容量は20mlで、1回4~5滴使用した場合は、使いきるのに約5~6ヵ月ほど。

内容量は少ないのに、半年くらい使えるとはかなりコスパいいですね。

ちなみに5滴くらいの量だと、僕の顔だと頬周辺に塗れて、うっすらと顔全体に広がった感じでした。

メラノCC Menは医薬部外品で、有効成分はアスコルビン酸とピリドキシン塩酸塩、サリチル酸、イソプロピルメチルフェノールの4つ。

メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐアスコルビン酸(活性型ビタミンC)

皮脂を抑制することによって、ニキビ予防をするピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

角質硬化による角栓発生を抑え、ニキビ予防をするサリチル酸

殺菌性を持ち、アクネ菌を抑制しニキビ予防をするイソプロピルメチルフェノール

と、ニキビ予防をするに関する有効成分が多く配合されています。

成分だけ見ると、ニキビ対策がメインの美容液に思えますが、メラノCCのすごい成分は活性型ビタミンCのアスコルビン酸。

メラノCC MenのビタミンCがすごい

どうしてメラノCCの活性型ビタミンCが凄いのかというと、その理由はビタミンCの扱いづらさにあります。

活性型ビタミンCとは

活性型ビタミンCとは、つけた瞬間からすぐにビタミンCとしての効果を発揮してくれるもので、ピュアビタミンCとも言われています。

紫外線を浴びるとたった数分で活性酸素が生じて、次々と肌ダメージを引き起こし、しみやしわの原因になるため、即効性のある活性型ビタミンCの抗酸化作用がすごく役立ってくれるのです。

ただ、ビタミンCは扱いづらく

皮脂膜で覆われている肌表面になじみにくいため、浸透させることが難しい。

水、空気、光、熱、酸素などに弱く、効果を発揮できないまま壊れてしまいがち。

という、2つの大きな弱点があります。

ロート製薬は、ビタミンCの研究を約20年続けていて、ピュアビタミンCを安定して製剤の中に配合し、効果そのままに皮膚に浸透させることに成功したようです。

「製薬会社のスキンケア用品か…」と不安はあったのですが、むしろ製薬会社であることがメリットだったのですね。

ビタミンC誘導体と活性型ビタミンCの違いは?

スキンケア用品に含まれるビタミンCには、ビタミンC誘導体という成分もあります。

なにが違うのかというと活性型ビタミンCが即効性なら、ビタミンC誘導体は持続性。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCの弱点である肌への浸透のしづらさや壊れやすさを、化学装飾(コーティングみたいなもの)によって対策しています。

この化学装飾は、体内の酵素で切り取られ、ビタミンC誘導体がピュアビタミンCへ。

じわじわと時間をかけて効果を発揮するので、ビタミンC誘導体が持続性といえるわけです。

メラノCC Men 質感は?

メラノCC Menは、美容液ではめずらしくパシャパシャタイプ。

メラノCCMEN 質感 画像

美容液というより、化粧水とほとんど変わりがない使用感でした。

『美容液はベタっとして苦手』という男性でも、メラノCC Menはストレスなく使えそうです。

ニオイは、レモンの香りでサッパリと使えます。

メラノCC Men 使ってみた感想

毛穴が目立ちにくくなった

化粧水→メラノCC Menという流れで、1ヵ月ほど使ってみた感想は

ちゅんすけ
毛穴が目立ちにくくなってる。

うるおいを与えたり、皮脂の酸化を抑制する効果で真皮(皮膚の下にあり肌のハリや弾力に関与)の変性を予防するビタミンCの効果が、毛穴を目立ちにくくしてくれるようです。

今まで使ってきたスキンケア用品でも、肌のキメが整うのを感じたことがあったのですが、メラノCC Menはそれとは違うキメの整い方でした。

メラノCC Menでシミはどうなった?

期待していたシミへの効果ですが、僕の場合1ヵ月程度では色が薄くなったようには感じられませんでした。

ビタミンCには、メラニン生成を抑えることによるシミ予防だけでなく、すでにできたシミの色を薄くする効果(メラニン色素の淡色化)もあるようなので、期待していたのですが…

これからメラノCC Menは、シミに関しては予防することをメインで、「色が薄まればいいな」くらいのうっすらとした気持ちで使っていこうと思います。

ちょっと使いづらい容器

メラノCC Menの容器は、1滴づつでやすいような形状。

メラノCCMen 容器 画像

ちゃんと1滴づつ出てきてくれるので、量の調節はしやすくデコルテ使いなどが簡単にできます。

ただ、少しだけ液切れが悪く、最後に0.8滴分くらい先のほうに残るので、うまく使いきるのには若干の慣れが必要でした。

使用時にはキャップの開閉が必要なので、

開けるときには「化粧水触った手だとやりにくいな(あまり触りたくないな)」と感じ

美容液を出した後は、「フタが片手で閉めれんし、開けたままだと置く場所に困るしどうしよう」

という使いづらさがあり、ストレスを感じました。

メラノCC Menの毛穴対策にはあり

容器の使い勝手などに不満はありますが、全体的な評価としては満足しています。

気になっていた毛穴が目立ちにくくなり、シミ予防もしてくれるのにコスパがいいのがうれしいポイント。

ちゅんすけ
うれしくて何度も鏡を見てしまいます。

シミを薄くしてくれるかもという期待も、まだ捨ててはいません。

メラノCCMenの美容液が良かったので、化粧水もかなり気になっています。

ちゅんすけ
化粧水をメラノCCMenにして、美容液は別のにするのもありかな。

どのパターンにするにせよ、メラノCC Menはローテーションに入ってくれるスキンケア用品になりそうです。

メラノCC Men 使い方

メラノCCMen 使い方 画像
メラノCCMen 使い方
洗顔後に化粧水などで肌を整えた後、適量を手のひらにとり、気になる部分または顔全体になじませる

ロート製薬のメラノCCMenの使用順序例のページには、メラノCCMenを塗った後にジェルを塗るようになっていました。

created by Rinker
メラノCC
¥1,018 (2022/12/02 12:29:53時点 Amazon調べ-詳細)

メラノCC MenとメラノCCの違いは?

メラノCCMenとメラノCCの美容液は、ほとんど違いがないと思っていましたが、意外と違いがありました。

メラノCCMen メラノCC違い 画像

それも、その他成分だけではなく、有効成分にも違いがあったのんです。

メラノCC Men有効成分
アスコルビン酸(活性型ビタミンC)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、サリチル酸、イソプロピルメチルフェノール
メラノCC 有効成分
アスコルビン酸(活性型ビタミンC)、トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)、グリチルリチン酸ジカリウム、イソプロピルメチルフェノール)

男性向けのメラノCCMenには、皮脂分泌抑制成分のピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)と、角質軟化成分のサリチル酸が配合されていて、ベタつくことが多い男性肌用と言えます。

一方、女性向けのメラノCCには、血行促進成分のトコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)、抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムといった、肌荒れを予防してくれる成分が含まれています。

質感にも違いがあって、化粧水のようなメラノCCMenに対して、メラノCCはクリームタイプ。

メラノCC 質感

画像はメラノCCです

肌がベタツキ気味の人ならメラノCCMen

肌荒れが気になり、乾燥肌気味の人ならメラノCC

といった感じで、選ぶ基準になりそうです。

ちゅんすけ
夏はメラノCCMen、冬はメラノCCといった季節によっての使い分けもあり。