私の好きな映画

いきなりですが、私の好きな映画の話をしようと思います。

最初に泣いたのは「ニューシネマパラダイス」

映画をみて一番最初に泣いたのは小学校の頃。

テレビでなにげなくやっていた「ニューシネマパラダイス」

今知ったんですがイタリアの映画なんですね。

1989年にアカデミー外国語映画賞をとった作品です。

 

簡単に言うと「映画館が焼ける映画」です。

その時はじめて「映画をみて泣けるんだ!」と驚きました。

 

父と一緒にみていて、こたつに隠れて泣いたのを覚えています。

それが確か小学校の高学年でした。

私の映画の楽しみ方は何度も見る

私の中高生期の映画の楽しみ方は「何度も見る」でした。

WOWOWなどで録画したものやビデオ・DVDを「何度も見る」

何度も何度もその映画をみて、その世界観に浸るのが好きでした。

岩井俊二監督期

1993年、私が12才の時フジテレビの「ifもしも」というオムニバスドラマ番組で「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を見ました。

岩井俊二監督がつくったドラマで、主演は奥菜恵さんと山崎裕太さんです。

のちに映画として劇場公開もされました。

テレビドラマ監督・脚本家だった岩井俊二さんが、映画製作をするきっかけになった作品です。

2017年にはアニメとしてまた映画になりました。

この世界観が中学1年生だった私にはたまらなかったんですよね。

ドラマを録画して何度も見て、セリフを覚えるくらいみてました。

 

そこからずっと岩井俊二監督の映画を見続けてきて、一番大好きなのが2004年公開の蒼井優さん、鈴木杏さん主演の「花とアリス」です。

今「花とアリス」を見ながら記事を書いています。

やっぱり好きです。なぜだか胸がキューっとします。

 

この映画で蒼井優さんが大好きになって、のちに蒼井優さん大好き期を迎えます。

外国の映画をみたけど邦画に落ち着く

高校時代は、ツタヤでビデオをかりては見ての繰り返しでした。

その時は「トレインスポッティング」や「フランス映画」が流行ってたので、よくわからないけど見てましたね。

レオナルド・ディカプリオが好きだったので過去の作品をみたりしてました。

 

でもある時気づいたんです。

「日本映画のほうが好きだな」と。

そこから邦画だけみるようになりました。

耳をすませば 1995年

ジブリの作品である「耳をすませば」

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥3,660 (2019/09/23 04:45:30時点 Amazon調べ-詳細)

私が14才の時に公開された映画です。

ずーっと好きで、ビデオを買いました。

高校3年生の時の受験勉強をするときによくみました。

雫が殻を破っているのをみると、私もそんなことができるような気持ちになるんですよね。

ジョゼと虎と魚たち2003年

映画館で見て、DVDも買った映画「ジョゼと虎と魚たち」

妻夫木聡さん、池脇千鶴さん主演のラブストーリーです。

切ない気持ち、好きな気持ち、やるせない気持ちを何度も見て味わっていました。

蒼井優さん麻生久美子さん大好き期

20代の頃は、蒼井優さんと麻生久美子さんが好きで、公開される映画を次々と見ていました。

ひとりで映画館にいくことも多かったです。

麻生久美子さんの映画では「eiko」が好きです。

蒼井優さんの映画では「花とアリス」の次に「百万円と苦虫女」が好きです。

created by Rinker
¥300 (2019/09/23 04:45:32時点 Amazon調べ-詳細)

その頃は、今みたいにSNSで感想をシェアすることもできなかったので、ヤフーの映画評をみて楽しんでました。

桐島、部活やめるってよ

最近の映画で好きだったのは、、と書こうとしてびっくりしましたが、2012年の「桐島、部活やめるってよ」が好きです。

created by Rinker
¥300 (2019/09/23 04:45:33時点 Amazon調べ-詳細)

最近と思ったら7年前!

娘がお腹にいるときに映画館にみにいったんですよね。

すごくワクワクする映画で、好きです。

女性が主役の映画が好き

他に好きな映画は、安藤サクラさん主演の「百円の恋」や西原理恵子さん原作の映画「女の子ものがたり」など、心に残っている映画は「女性が主役の映画」です。

created by Rinker
¥300 (2019/09/23 04:45:34時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥400 (2019/09/23 04:45:34時点 Amazon調べ-詳細)

「女性の生き方」について考えるのが、私の人生のテーマなのかなと思います。

映画をみながら主人公に自分を投影して「自分はどう生きようか」とずっと考えてきたように思います。

かっこつけてすみませんでした

かっこいい映画ばっかり紹介しました。

かっこつけたいんですよね、私。

 

好きなものって理由なく好きですよね。

「なんか好き、なんか嫌い」の中から自分がどう生きたいかが見えてくることってありますね。