安藤百福さんの名言まとめ。朝ドラまんぷくの主人公が言いたかったこととは?

朝ドラ「まんぷく」みてますかー?

みてますよね面白いよね!

 

安藤サクラがかわいいよ、とにかく。

そして、話もどんどん進んできてインスタントラーメンを作る日も近くなってきたかなー?

 

この朝ドラの長谷川さん演じる立花萬平さんのモデル「安藤百福さんはどんな人だったのか?」気になったので、本を買ってみました!

安藤百福さん名言まとめ

この本の前半は「安藤百福さんの歴史」が書かれていて、後半は「名言」が書かれています。

 

私が気に入った名言をこの本から抜粋します。

 

・逆境に立って、すべての欲とこだわりとを捨て去ったとき、人は思わぬ力を発揮できる

・人生に遅すぎるということはない

・考えて、考えて、考え抜け。私が考え抜いたときには血尿が出る。

・いつも心も窓を開いておけ。するとほかの人には見えないものまで見えてくる。

・企業はチャレンジしないと、同じところに留まってしまう。人生も同じである。

・ラーメンを売るな。食文化を売れ。

・自画自賛するな。第三者をもって語らしめよ。

・善にこだわる善は、善ならず。

 

経営者としても人間としても、百福さんは魅力的でした。

報告、連絡、相談の「ほうれんそう」という言葉をつくったのは百福さん

報告、連絡、相談の「ほうれんそう」を心がけなさい

という名言が残されています。

 

今でもつかわれるこの言葉をつくったのは百福さんだったんですね、すご!

 

「まんぷく」が放送される前に内容を先読みしたい人はこちらの本をどうぞ↓

created by Rinker
¥1,404 (2018/12/14 17:33:09時点 Amazon調べ-詳細)

百福さんの名言が知りたい人は私もおすすめのこちらの本をどうぞ↓

【関連記事】朝ドラまんぷくとてるてる家族の関係?インスタントラーメンはどこのメーカー? 

スポンサーリンク