劇団ひとりの才能のルーツは高知にあり!芸術家浜田浩造さんの銅像まとめ

ちゃちゃこ
みんな知っていると思うけど、高知の銅像作家、浜田浩造さんが作った銅像が大好きなんよね。
ちゅんすけ
いや、みんな知らんと思うよ。
ちゃちゃこ
まじで?普通の銅像と全然違うのよ。生でみたら、ビビるで!
ちゅんすけ
確かに、ものすごい迫力があるよね。ほとんどの偉人の銅像って『銅像になるための姿』をしているけど、浜田浩造さんの銅像は今にも動き出しそう。
ちゃちゃこ
そう、とにかくすごいのよ。高知には、浜田浩造さんの銅像がいっぱいあるから、『浜田浩造さんの銅像巡ろうツアー』をぜひやってみてほしい。
ちゅんすけ
大体観光地の近くにあるし、それは面白いかもね。

長宗我部元親初陣の像【高知市】

ちゃちゃこ
まずは高知市の桂浜の近くの若宮八幡宮の中にある、長宗我部元親の像。元親は土佐藩の戦国大名で、四国統一までもう少しのところまでいってたんよね。
ちゅんすけ
この像は永禄3年(1560年)、22歳で初陣を迎えた元親が、合戦に挑む前夜に若宮八幡宮に陣取った姿なんだって。
ちゃちゃこ
像の足元には四国の地図があって、それをつかもうとのばした左手の迫力がすごいわ。
ちゅんすけ
最近のボクの一押しは、「銅像を後ろから見ること」。

ちゃちゃこ
また違った迫力があっていいね。
ちゅんすけ
身の丈以上ある槍もすごい存在感。ゲームで元親は三味線や錨(いかり)で戦ってるけどね。
ちゃちゃこ
元親の幼少期は槍の突き方も知らず、『姫若子』と揶揄されてたというから、三味線のほうがしっくりくるかもね。
ちゅんすけ
超すけべ、元痴漢。
ちゃちゃこ
えっ?何を急に言い出す?
ちゅんすけ
小学校で歴史習う時に、人物の名前をもじっていろいろ言わんかった?長宗我部元親=超スケベ元痴漢、中臣鎌足=なかなかの馬鹿たり・・・・
ちゃちゃこ
ほんと、男ってバカやね。
ちゅんすけ
でも授業で習ったときは、元親についてそれくらいのイメージしかなかったなぁ。
ちゃちゃこ
イメージもなにも、元親はスケベでも痴漢でもないからね。
ちゅんすけ
今になって長宗我部元親に興味がわいてきたから、小学生に戻ってまた長宗我部元親について習いたいわ。
ちゃちゃこ
長宗我部元親について知りたいなら、南国市の歴史民俗資料館に行ってきなさい。元親が外交上手であったことや、武芸より文芸を好んでいたことなど、パネルでいろいろ学べるから。
ちゅんすけ
わかりました。

場所:高知県高知市長浜6600(若宮八幡宮内)

岩崎弥太郎像【安芸市】

ちゃちゃこ
安芸市にある岩崎弥太郎さんの生家の駐車場で、「よう来たねぇ」と言わんばかりに出迎えてくれる岩崎弥太郎像。言わずと知れた、三菱財閥の創業者やね。
ちゅんすけ
弥太郎像は、2015年に安芸市の郵便局前から、今の生家前に引っ越してきたんよね。
ちゃちゃこ
引っ越ししてきて、ほんとよかった。弥太郎さんがのびのびしてるわ。
ちゅんすけ
空の開放感がすごいもんね。
ちゃちゃこ
前に弥太郎像があったとこは、周りに建物や木があったけど、それがなくなるだけでものすごく開けた感じになるから不思議。
ちゅんすけ
弥太郎像で、ボクは銅像の後ろ姿のすごさに気づいたんよね。

ちゃちゃこ
背中で何かを語ってるね。
ちゅんすけ
まわりの山とか空も含めて1つの作品になってて、圧倒されるわ。
ちゃちゃこ
弥太郎さんの生家も一緒に見てほしいけど、生家前にある『まる弥カフェで』一休みしていってほしいな。
ちゅんすけ
焼菓子もおいしいけど、ドリンクもおいしいんよね。ボクはヨーグルトのスムージがヒットやった。

ちゃちゃこ
岩手県にある小岩井農場のヨーグルトを使ってて、「なぜ岩手県の商品?」と思うけど小岩井農場の『岩』は岩崎の岩なんだよね。
ちゅんすけ
三菱社の2代目社長『岩崎彌之助』が出資してるって、小岩井農場のホームページにも載ってたわ。
ちゃちゃこ
キリンの飲みものをいっぱい置いてるなと思ったら、キリンも三菱グループやしね。
ちゅんすけ
ほんと全然知らんかったけど、三菱グループ想像以上デカくてビックリするわ。
ちゃちゃこ
岩崎弥太郎像周辺だけで、弥太郎さんのことをかなり知れるからおススメやね。

場所:高知県安芸市井ノ口甲1631

万次郎少年と仲間たちの群像【土佐清水市】

ちゅんすけ
土佐清水の偉人『中浜万次郎(ジョン万次郎)』の銅像やね。鎖国のなかアメリカへ渡り、様々な文化を伝えた人物で、ABCの歌を初めて日本に紹介したのも万次郎なんよ。
ちゃちゃこ
この像は、万次郎が5日間海を漂流したうえに、流れ着いた無人島で143日間も過ごして、やっと通りかかった捕鯨船に助けを求めてる一瞬の躍動感がすごい。
ちゅんすけ
一緒にいた4人の仲間もいるけど、それぞれの表情がおもしろいよね。

ちゃちゃこ
表現力が半端ないね。
ちゅんすけ
表現力が爆発しすぎて、ちょっと笑えてくる。
ちゃちゃこ
これだけいろんな表情の銅像が見えるから、お得なスポットではあるね。
ちゅんすけ
土佐清水では、『大河ドラマにジョン万次郎を』って盛り上がってるから応援したいわ。
ちゃちゃこ
そういえば前に行ったときに、銅像のすぐ近くにあるジョン万次郎資料館で署名したね。ジョン万次郎の大河だったら、NHKのドラマ好きな私も見たい。

場所:土佐清水市養老303 海の駅あしずり内

お龍・君枝姉妹像【安芸郡芸西】

ちゅんすけ
坂本龍馬の奥さん『お龍』とお龍の妹『君枝』像。
ちゃちゃこ
この像は、桂浜にある坂本龍馬像に手を振ってるんよね。
ちゅんすけ
浜田浩造さんの像は、人間味のあるしぐさだから今にも動き出しそうに見えるんよな。
ちゃちゃこ
この像は後ろから見たら、なかなか哀愁があるよね。

ちゅんすけ
今にも、「おーい!」って叫びそうやわ。
ちゃちゃこ
お龍・君枝像がある琴ヶ浜は、天気が良ければ室戸岬と桂浜が見えるから、おススメの絶景スポットなんよね。
ちゅんすけ
展望台があってそこから見えるもんね。
ちゃちゃこ
視界いっぱいに広がる海は爽快だから、ぜひ見てほしい。

ちゅんすけ
そういえば、TVでこの像を劇団ひとりが見に来てたね。
ちゃちゃこ
そうそう。劇団ひとりのいとこ違い(大叔父の息子)が浜田浩造さんなんよね。
ちゅんすけ
劇団ひとりは曾祖父の川島正件が高知市長やったりと、言い出したらキリがないくらい高知と関わりが深い。
ちゃちゃこ
劇団ひとりのことはひとまず置いておくけど、お龍・君枝像を見て劇団ひとりが『雑なサイン』って言った浜田浩造さんのサインを見て確かめてほしいな。

場所:高知県安芸郡芸西村和食甲1

維新の門【高岡郡梼原】

ちゅんすけ
維新の門は、銅像がある梼原町ににゆかりの勤王の志士を讃えた像。ちょっとかぶってるけど後ろで号令だしてるのが吉村虎太郎やね。
ちゃちゃこ
吉村虎太郎は、坂本龍馬より先に脱藩して討幕に命を燃やした「土佐の四傑」の一人。
ちゅんすけ
高知の観光PR隊『土佐おもてなし海援隊』には、吉村虎太郎が参加しているね。
ちゃちゃこ
おもてなし海援隊ってけっこう人気あるからびっくりするわ。
ちゅんすけ
吉村虎太郎だけじゃなくて、怪力な上にウマより早く『天狗様」と称された那須慎吾がボクは好きやわ。
ちゃちゃこ
写真の先頭におった人やね。
ちゅんすけ
そうそう。この像も今にも走り出しそうな疾走感があるよね。
ちゃちゃこ
浜田浩造さんは、像にする人物のどの瞬間を切り取るかがすごくうまい。
ちゅんすけ
那須慎吾のお父さん那須俊平も、『土佐一の槍の名手』と言われててかっこいいわ。

ちゃちゃこ
維新の門の右側に坂本龍馬、澤村惣之丞といっしょにおる人やね。
ちゅんすけ
そうそう、ちゃんと槍を持ってる。
ちゃちゃこ
決意に満ち溢れた龍馬の表情にも注目やね。
ちゅんすけ
『動と静』。対極的な2種類の像を楽しめるポイントでした。

場所:高知県高岡郡檮原町川西路2352-1

牧野富太郎博士少年像【高知市】

ちゃちゃこ
高知市の牧野植物園内にある、牧野富太郎さんの銅像。
ちゅんすけ
牧野富太郎さんは、『日本の植物学の父』と呼ばれる人物で、多数の新種の植物を発見して命名してるんよね。
ちゃちゃこ
牧野先生の銅像は上半身だけやけど、すごくイキイキしてる。
ちゅんすけ
植物学者の銅像が、ここまで迫力がでるなんですごいな。
ちゃちゃこ
普通学者の像は立ってるだけの銅像になるよね。
ちゅんすけ
これだけアグレッシブに作られた、植物学者の銅像は世界に一つしかないわ。
ちゃちゃこ
牧野植物園の中には、別の作家さんが作ったきのこを持った牧野富太郎像もあるから、そっちも一緒にみてほしいな。

場所:高知県高知市五台山4200−6

義堂・絶海像【津野町】

ちゅんすけ
そういえば、津野町にも浜田浩造さんが造った銅像があるんやって?
ちゃちゃこ
そうそう、津野町の出身で室町・南北朝時代の高僧「義堂・絶海」って人たちの銅像。
ちゅんすけ
津野町のホームページに載ってるけど、なかなかどっしりとした僧侶像やね。
ちゃちゃこ
この銅像は今まで知らんかったね。行ってみたいけど、ちょっと遠いね。
ちゅんすけ
Googlemapで道見てみたら、整備されてるけど車1台分の幅やね。
ちゃちゃこ
それでも、像のすぐ近くにある『せいらんの里』っていう宿泊施設は、ゴールデンウィークほとんど埋まってるわ。ゴールデンウィークに限らず、土曜日は満室になってるからかなりの人が来てるんやね。
ちゅんすけ
いろんな人に見られてて、義堂・絶海像が一番知名度は高いのかもしれんな。

まとめ

ちゃちゃこ
改めて写真で見ても、やっぱり浜田浩造さんの銅像はめちゃくちゃかっこいい!
ちゅんすけ
ボクはやっぱり後姿がたまりませんわ。
ちゃちゃこ
高知の自然の中に迫力満点でそびえたっている銅像は高知の誇りやね。
ちゅんすけ
唯一、生で見たことがない津野町の義堂・絶海像もみにいかないといかんね。後姿も気になるわ。
ちゃちゃこ
高知に観光に来たら、この中のひとつだけでも見ていって迫力を感じてほしい!と強く願います。